その他の助成・支援

2017年6月1日

その他の助成・支援

在宅難病患者等酸素濃縮器使用助成事業(電気料金助成) 

趣旨

酸素濃縮器及び人工呼吸器を必要とする呼吸器機能障がい者の健康維持とその福祉の増進に資することを目的に、酸素濃縮器及び人工呼吸器の使用に係る電気料金の一部を北海道が助成します。

対象者

北海道内に住所を有し、在宅で酸素療法等を行っている者のうち、知事の認定を受けた者。

助成額

一日当たりの機器の使用時間が、12時間未満の場合は、月額1,000円。12時間以上の場合は、月額2,000円を助成します。

手続

申請書に医師の証明をしてもらい住民票を添付の上、保健所で手続きを行います。なお、申請書用紙の送付を希望される方は、保健所までご連絡ください。

申請・問合せ

北見保健所健康推進課保健係   電話(0157)24-4173

生活福祉資金貸付制度

内容

経済的自立と生活の安定をめざす低所得者・障がい者・高齢者世帯を対象に、北海道社会福祉協議会が無利子又は低利子で、生活費、学費、一時的な資金の貸付を行う制度です。北見市社会福祉協議会が貸付相談をお受けし、貸付後も地域の民生委員の協力のもと、継続的な支援を行っていきます。

問合せ

北見市社会福祉協議会 本所      (北見市総合福祉会館内)    電話 0157-61-8182

北見市社会福祉協議会 端野支所   (端野町在宅介護支援センター内電話 0157-67-6268

北見市社会福祉協議会 常呂支所 (北見市老人いこいの家内)   電話 0152-54-1200

北見市社会福祉協議会 留辺蘂支所(北見市はあとふるプラザ内)   電話 0157ー42-2200

盲ろう者通訳・介助員派遣事業

内容

視覚と聴覚の重複障がいのある重度の盲ろう者の方を対象に、コミュニケーションや移動等の支援を行う「盲ろう者通訳・介助員」を派遣します。(派遣費用は無料です。)派遣を希望される方は、事前に利用者登録が必要です。

対象者

身体障害者手帳の交付を受けている方で、視覚障がい及び聴覚障がいの重複による障がいの程度が1級又は2級に該当する方

問合せ

一般社団法人 北海道身体障害者福祉協会

電話 011-251-1551

FAX 011-251-0858

高齢者・障がい者住宅等整備資金の貸付

内容

高齢者や身体障がい者が利用しやすいように住宅・店舗等を整備される方へ、その資金を金融機関を通じて無利子でお貸しします。

・住宅整備資金は240万円、店舗等整備資金は300万円までお貸しします。

対象要件

資金の貸付を受ける方は、以下の要件を全て満たす必要があります。

・申請時年齢が満20歳以上満65歳以下であること

・10年以内の月賦均等償還で、70歳までに完済できること。

・前年度の合計所得が1,200万円以下であること

・申請年度内の2月末日までに工事が完了すること

・連帯保証人を1名定めることができること

高齢者住宅等整備資金

対象工事

60歳以上の高齢者または1・2級の身体障害者手帳を所持している方の、専用居室等の増改築。

※住宅の所有者が申請者と異なる場合は、所有者の承諾を得る必要があります。

貸付対象者

本人または同居(予定)の家族で、市内に1年以上居住している方。

公共的施設整備資金

対象工事

市内で1年以上引き続き事業を行っている公共的施設において、高齢者や身体障がい者向けに行う改修整備。

※公共的施設の例として、小売店舗・飲食店・理美容室・旅館などがあります。

貸付対象者

当該施設において事業を行っている者。ただし、同様の目的で、北海道福祉のまちづくり資金、北見市中小企業融資制度の貸付を受けている事業者を除きます。

申請・問合せ

北見市介護福祉課          電話(0157)25-1144

お問い合わせ

障がい福祉課
電話:0157-25-1136
ファクシミリ:0157-26-6323