健康診査事業

2016年4月28日

健康診査事業 

いつまでも健康で過ごすためには、日頃から病気や寝たきりにならないよう、あなた自身が健康づくりを実践することが必要です。

病気の予防及び早期発見、早期治療のため、各種健(検)診を実施しています。

 

 

お問い合わせ先

北見市保健福祉部健康推進課

北見市北6条西2丁目

0157-23-8101
端野総合支所保健福祉課 北見市端野町二区471番地 0157-56-4005
常呂総合支所保健福祉課 北見市常呂町字常呂323番地 0152-54-2114
留辺蘂総合支所保健福祉課 北見市留辺蘂町上町61番地 0157-42-2426

 

 

脳ドック

 

脳ドックは画像検査等により頭部の状態を調べます。検査の結果から自覚症状のない初期の脳梗塞や動脈硬化進行状態などを知ることができます。

異常が早期に見つかった時点で、生活習慣の見直しや適切な治療をし、少しでも生活の質の

低下を招くことにつながらないように対処しましょう。

対象 北見市民で、当該年度満40歳から64歳の方
検査内容 問診、診察、血液生化学検査、尿検査、心電図、頭部MRI、頭頸部MRA等
申込期間 4月1日(金)から4月20日(水)まで 
申込方法 申込期間中に、各自治区の健康診査事業担当窓口(上記記載)に電話もしくは来所にて申込してください。
定員 国保加入者:195名、その他の医療保険加入者:165名
自己負担金 国保加入者:5000円、その他の医療保険加入者:10000円
実施医療機関 指定医療機関
実施期間 6月1日から翌年2月末日まで
その他 検査内容には、特定健康診査の項目が含まれています。詳細は、広報4月号にてご確認ください。

 

 

 

↑このページのトップ↑

 

胃・肺・大腸がん検診<集団検診>

がんの発症は、遺伝的要因のほかに日常の生活習慣(喫煙習慣・食生活など)が大きな原因とされています。
何よりも「早期発見と早期治療」により治癒率も高くなります。
がんは、早期では自覚症状が出ることが少ないため、定期的な検査を受けることが大切です。
年に一度、検査を受けるようにしましょう。

申し込み受付中です!!

対象 平成28年4月1日現在満40歳以上の方で、職場等でがん検診を受診する機会のない北見市民
検診内容

胃がん:上部消化管バリウム検査

肺がん:胸部エックス線検査(喫煙指数高値等を対象に喀痰検査)

大腸がん:便潜血検査

実施内容 各自治区の地域内において集団検診方式
自己負担金 胃がん:900円、肺がんエックス線検査:200円・肺がん喀痰検査:500円、大腸がん:400円
自己負担金
免除者

(1)70歳以上の方(昭和21年4月1日以前に生まれた方)(事前申請不要)

(2)満40歳の方(昭和50年4月2日~昭和51年4月1日の間に生まれた方)(事前申請不要)

(3)後期高齢者医療被保険者(事前申請不要)

(4)生活保護世帯に属する方、市民税非課税世帯に属する方事前申請が必要です

その他

詳細は、広報5月号折込ちらしなどで確認または、各自治区に直接お問い合わせ下さい。

胃・肺・大腸がん検診 日程表

下記検診はすでに満員です  (最終更新日:平成28年5月20日)

● 6月13日(月) 胃がん・肺がん・大腸がん すべて 満員

 

集団日程(胃がん肺がん大腸がん)[PDF:140KB]

 ↑このページのトップ↑

 

大腸がん検診<個別検診>

 

対象 平成28年4月1日現在満40歳以上の方で、職場等でがん検診を受診する機会のない北見市民
検診内容

大腸がん:便潜血検査

自己負担金 600円
自己負担金
免除者

(1)70歳以上の方(昭和21年4月1日以前に生まれた方)(事前申請不要)

(2)満40歳の方(昭和50年4月2日~昭和51年4月1日の間に生まれた方)(事前申請不要)

(3)後期高齢者医療被保険者(事前申請不要)

(4)生活保護世帯に属する方、市民税非課税世帯に属する方(事前申請が必要です)

 実施期間

6月1日から翌年2月28日まで

その他

詳細は、広報5月号折込ちらしなどで確認または、各自治区に直接お問い合わせ下さい。

実施医療機関一覧

H28個別大腸医療機関[PDF:61KB]

↑このページのトップ↑

子宮・乳がん検診<集団検診>

対象

子宮頸がん:平成28年4月1日現在満20歳以上の方で、職場などでがん検診を受診する機会のない北見市民

乳がん:平成28年4月1日現在満40歳以上の方で、職場などでがん検診を受診する機会のない北見市民

受診間隔 2年に一度
検診内容

子宮頸がん:頸部細胞診検査、超音波検査(体部細胞診検査は、医師の判断により実施します)

乳がん(40~49歳):マンモグラフィ(乳房エックス線検査)2方向撮影

乳がん(50歳以上):マンモグラフィ(乳房エックス線検査)1方向撮影

自己負担金

子宮頸がん:1100円、子宮体部がん:500円(実施者のみ)

乳がん(40~49歳):1200円、乳がん(50歳以上):1000円

自己負担金

免除者

(1)70歳以上の方(昭和21年4月1日以前に生まれた方)(事前申請不要)

(2)満40歳の方(昭和50年4月2日~昭和51年4月1日の間に生まれた方)(事前申請不要)

(3)後期高齢者医療被保険者(事前申請不要)

(4)生活保護世帯に属する方、市民税非課税世帯に属する方(事前申請が必要です)

その他

詳細は、広報きたみ5月号折込ちらしなどで確認または、各自治区に直接お問い合わせ下さい。

子宮頸がん集団検診当日、保健センター会場のみで3歳以下のお子様をお預かりする託児サービスがあります

下記日程で、午前・午後先着10名(計20名)となりますので、検診申込の際、「託児希望」とお申込下さい

下記検診はすでに満員です (最終更新日:平成28年5月20日)

【子宮頸がん・乳がん(セット)検診日】

● 7月30日(土) 午前・午後 乳がん検診のみ 満員 ※子宮頸がん検診は受けることができます

● 7月31日(日) 午前     乳がん検診のみ 満員 ※子宮頸がん検診は受けることができます

 

【乳がん検診 検診日】

● 9月11日(日) 午前 満員

 

集団日程(子宮がん乳がん)[PDF:158KB]

↑このページのトップ↑

子宮・乳がん検診<個別検診>

対象

子宮頸がん:平成28年4月1日現在満20歳以上の方で、職場などでがん検診を受診する機会のない北見市民

乳がん:平成28年4月1日現在満40歳以上の方で、職場などでがん検診を受診する機会のない北見市民

受診間隔

子宮頸がん:2年に一度

乳がん(40歳以上):2年に一度

検診内容

子宮頸がん:頸部細胞診検査(体部細胞診検査は医師の判断により実施します

乳がん(40~49歳):マンモグラフィ(乳房エックス線検査)2方向撮影

乳がん(50歳以上):マンモグラフィ(乳房エックス線検査)1方向撮影

自己負担金

子宮頸がん:1000円、子宮体部がん:500円(実施者のみ)

乳がん(40~49歳):1300円、乳がん(50歳以上):1100円

自己負担金

免除者

(1)70歳以上の方(昭和21年4月1日以前に生まれた方)(事前申請不要)

(2)満40歳の方(昭和50年4月2日~昭和51年4月1日の間に生まれた方)(事前申請不要)

(3)後期高齢者医療被保険者(事前申請不要)

(4)生活保護世帯に属する方、市民税非課税世帯に属する方(事前申請が必要です)

実施期間 6月1日から翌年2月28日まで
その他

詳細は、広報きたみ5月号折込ちらしなどで確認または、各自治区に直接お問い合わせ下さい。

 

実施医療機関一覧

H28 個別子宮がん検診 医療機関[PDF:41KB] H28 個別乳がん検診 医療機関[PDF:47KB]

↑このページのトップ↑

がん検診推進事業について (無料クーポン券事業)

対象

北見市に住民登録をしている方を対象とします。

子宮頸がん検診

 ◎平成28年4月1日現在、満20歳・40歳の方

 ◎平成28年4月1日現在、満25歳・30歳・35歳の方のうち、平成23年6月1日から平成28年2月29日の間に

  北見市のがん検診を受診したことのない方

 

乳がん検診 

 ◎平成28年4月1日現在、満40歳の方

 ◎平成28年4月1日現在、満45歳・50歳・55歳・60歳の方のうち、平成23年6月1日から平成28年2月29日の間に

  北見市のがん検診を受診したことのない方

検診内容

子宮頸がん:頸部細胞診、内診など

乳がん:マンモグラフィ(乳房エックス線検査)

受診方法

対象となる市民の方は、お住まいの各自治区へお申し込みください。申し込み後、無料のクーポン券と

受診票を送付します。

無料クーポン券が届いてから、委託医療機関に予約または直接受診してください。

詳細につきましては、お手元に届く案内をご参照ください。

自己負担金 無料クーポン券使用にて自己負担金なし
実施期間

6月1日から翌年2月28日まで

↑このページのトップ↑

肝炎ウイルス検診

肝炎の原因は、アルコールや薬物の副作用、自己免疫の関与などもありますが、肝臓病の大きな原因となるウイルス感染による肝炎が心配されます。

なかでも、B型・C型ウイルスの感染による肝炎は、慢性肝炎を発症させます。

感染しても症状が出ない場合が多いため、本人も気づいてないことが多い病気です。

治療が遅れると肝硬変や肝臓がんになる可能性もあるため、早期の発見と適切な治療で進行を遅らせるなどが必要です。

一度も肝炎ウイルス検査を受けたことのない方、過去に肝機能に異常があるといわれた方などは、ぜひ一度検査を受けましょう。

対象 北見市民で、当該年度で満40歳になる方、および41歳以上の方で一度も肝炎ウイルス検査を受けたことのない方
内容 B型肝炎ウイルス検査、C型肝炎ウイルス検査
自己負担金

特定健診や北見市が実施する採血を伴う他の健診と一緒に受診する場合

B型+C型:900円、B型のみ:600円、C型のみ:700円

肝炎ウイルス検診のみを受診する方

B型+C型:1700円、B型のみ:1400円、C型のみ:1500円

自己負担金免除者

事前申請が必要な方:生活保護世帯、市民税非課税世帯に該当する方

事前申請の必要がない方:後期高齢者医療被保険者

受診方法

事前に申し込み後に受診票を発送します。受診票を持参し、市内指定医療機関にて検査を受けてください。

実施期間

6月1日から翌年2月28日まで

その他 詳細は、広報きたみ5月号に掲載、またはお住まいの各自治区へ直接、お問い合わせください。
お知らせ

感染の可能性が疑われる方などは、北見保健所で無料検査を受けることができます。事前予約が必要です。

問い合わせ・申込先:北見保健所健康推進課保健予防係 電話 0157-24-4173

実施医療機関一覧

 

↑このページのトップ↑

骨粗しょう症検診

骨粗しょう症検診は、圧倒的に女性に多い病気で加齢に伴い発症率が高くなります。

検査で骨量の減少を発見し、異常が見つかった場合には早期に治療や生活習慣(栄養や運動など)を改善しましょう。

また骨粗しょう症の方にとって一番怖いのは「転倒・骨折→寝たきり」です。

防ぐためには、生活環境を整えるなども大切です。

いつまでも健康で生活できるように、節目の年齢を迎えたら、ぜひ検診を受診しましょう。

対象 北見市民で、平成28年4月1日現在で、満40・45・50・55・60・65・70歳の女性の方
内容 問診、診察、身体計測、骨量測定
自己負担金 900円
自己負担金免除者

事前申請が必要な方:生活保護世帯、市民税非課税世帯に該当する方

事前申請の必要がない方:後期高齢者医療被保険者

受診方法

事前に申し込み後に受診票を発送します。受診票を持参し、市内指定医療機関にて検査を受けてください。

実施期間 6月1日から翌年2月28日まで
その他 詳細は、広報きたみ5月号に掲載、またはお住まいの各自治区へ直接、お問い合わせください。

実施医療機関一覧

 

↑このページのトップ↑

健康づくり健診

平成20年度より特定健康診査が始まりました。特定健診と同じ内容の健診を受けることができます。

対象

北見市民で、当該年度満40歳以上(昭和51年4月1日以前に生まれた方)の方で、生活保護を受けている方

内容

問診、診察、血液検査、身体測定等

自己負担金 800円
自己負担金免除者 事前に申請が必要な方:生活保護受給世帯
受診方法

事前に申し込み後に受診票を発送します。受診票を持参し、市内指定医療機関にて検査を受けてください。

実施期間 6月1日から翌年2月28日まで
その他 詳細は、広報きたみ5月号に掲載、またはお住まいの各自治区へ直接、お問い合わせください。

 

 ↑このページのトップ↑

結核健診

結核は過去の病気ではありません。特に高齢者の方から、毎年多くの方が発症しています。

皆さんの地域を巡回しています。早期に発見し、治療など適切な対処をしましょう。

対象 65歳以上の北見市民
検査内容 

胸部エックス線検査

自己負担金 無料
受診方法 健診車で皆さんの地域を巡回しています。
その他

各自治区で健診の日程や会場、健診の案内方法等が異なっています。

詳細は各自治区にお問い合わせください。

 ↑このページのトップ↑

エキノコックス症検診

感染してから自覚症状ができるまで数年から十数年かかるといわれるエキノコックス症は、

検診を受け早期に発見し、治療することが大切です。

対象 小学3年生以上の北見市民で、5年以上未受診の方
内容 血液(血清)検査
自己負担金 無料
その他

各自治区で検診の日程や会場、検診案内等が異なっています。

詳細は各自治区にお問い合わせください。

 

↑このページのトップ↑ 

お問い合わせ

健康推進課
成人係
電話:0157-23-8101
ファクシミリ:0157-23-8813