税源移譲による税負担の影響

2010年12月9日

【ケース1】給与収入で、単身者の場合

給与収入 《税源移譲前》 矢印.gif 税源移譲後 負担
増額
住民税 所得税 住民税 所得税
300万円 68,500 124,000 192,500 130,500 62,000 192,500
500万円 167,000 258,000 425,000 264,500 160,500 425,000
700万円 311,000 474,000 785,000 408,500 376,500 785,000
1,000万円 551,000 954,000 1,505,000 648,500 856,500 1,505,000

【ケース2】給与収入で、夫婦+子ども2人の場合

給与収入 《税源移譲前》 矢印.gif 税源移譲後 負担
増額
住民税 所得税 住民税 所得税
300万円 13,000 13,000 13,000 13,000
500万円 80,000 119,000 199,000 139,500 59,500 199,000
700万円 200,000 263,000 463,000 297,500 165,500 463,000
1,000万円 440,000 676,000 1,116,000 537,500 578,500 1,116,000

【ケース3】年金収入で、単身者の場合

年金収入 《税源移譲前》 矢印.gif 税源移譲後 負担
増額
住民税 所得税 住民税 所得税
150万円 15,000 17,000 32,000 23,500 8,500 32,000
200万円 33,700 54,500 88,200 61,000 27,200 88,200
250万円 52,500 92,000 144,500 98,500 46,000 144,500
300万円 71,200 129,500 200,700 136,000 64,700 200,700

【ケース4】年金収入で、夫婦の場合

年金収入 《税源移譲前》 矢印.gif 税源移譲後 負担
増額
住民税 所得税 住民税 所得税
200万円 17,200 16,500 33,700 25,500 8,200 33,700
250万円 36,000 54,000 90,000 63,000 27,000 90,000
300万円 54,700 91,500 146,200 100,500 45,700 146,200
350万円 73,500 129,000 202,500 138,000 64,500 202,500

 

注意

  • 全ケースともに、基礎控除、一定の社会保険料控除(ケース1、2は給与収入の1割の額。ケース3、4は一律20万円)を
    考慮して税額を計算しています。
  • ケース2については、控除対象配偶者、扶養親族、特定扶養親族の控除があります。
  • ケース4については、控除対象配偶者の控除があります。
  • ケース3、4については、年齢65歳未満の方を対象としています。
  • 上記のケースは、税源移譲による税負担額の影響を示すものです。
    定率による税額控除の廃止等による税額の影響は反映していません。

 

 

お問い合わせ

市民税課
市民税係
電話:0157-25-1114
ファクシミリ:0157-25-1201