核兵器廃絶運動

2016年11月18日

核兵器の廃絶と世界の恒久平和を若者をはじめ市民に広く周知することが必要であることから、北見市では次のような事業を実施しています。

 

核兵器廃絶平和都市宣言

 

広島平和の旅

 高知市との教育交流事業に併せて、小中学生4名と教員2名を派遣し、広島市で行われる「広島平和記念式典」に参列し、平和記念資料館、原爆ドーム等の見学をし、被爆の実相・核廃絶・平和の尊さなどの核兵器による被害の悲惨さを知ることで、世界の恒久平和と核兵器廃絶の重要性を学んでいます。また、若い世代に伝えていく事を目的に、「平和講演会」と隔年で実施しています。

 

平和講演会

 広島から実際に原爆を体験した「被爆体験証言者」の方を招き、原爆の恐怖と悲惨さを講演していただいています。
 平成28年度は9月8~9日の両日、高栄中学校と上常呂中学校で、広島市から被爆体験証言者の朴 南珠(ぱく なむじゅ)さんをお迎えし、「平和講演会」を開催しました。
 朴さんは中学1年生であった13歳の時、爆心地から1.8km離れた路面電車の車内で被爆されました。地図を使って場所を示しながら当時の様子を説明する講演に、生徒さんたちは真剣なまなざしで
聞き入っていました。

 

高栄中学校 上常呂中学校

 平成28年度 平和講演会 講演録[PDF:759KB]

 

(ご案内)
 PDF形式の文書をご覧になるためには「Acrobat Reader」(無償)が必要です。インストールされていない場合には、下記のアイコンをクリックし、インストールしてからご覧ください。

 

getacro.gif

 

平和祈念展

 戦争の悲惨さや原爆の恐ろしさを伝え、そして平和の尊さを訴え続けていくために広島平和記念資料館から原爆写真ポスターなどの資料をお借りして展示しています。

 

平和祈念展 平和祈念展

平成27年度 平和祈念展の様子

 

ヒロシマ原爆展

 平成28年9月、広島市との共催により、北見市では初めてとなる被爆した三輪車のレプリカや生活用品などの被爆資料を展示する「ヒロシマ原爆展」を開催しました。

 

ヒロシマ原爆展 ヒロシマ原爆展

お問い合わせ

市民活動課
市民活動係
電話:0157-25-1105
ファクシミリ:0157-25-1016