国民健康保険とは

2015年4月1日

 国民健康保険制度(国保)は、ある日突然、病気や怪我などをしたとき、安心して医療を受けられるための大切な制度です。

 国保は地域保険ともいわれ、職場の健康保険(全国健康保険協会や健康保険組合など)や後期高齢者医療制度の加入者、生活保護を受けている人などを除く全ての人が加入する医療保険です。

 この制度は、加入者の皆さんの収入等に応じてお金(保険料)を出し合い、そこから医療費を支出する制度で、事業の運営は市区町村が行っています。運営する側を「保険者」といい、加入者を「被保険者」といいます。

 

 わが国では、安心してお医者さんの診療を受けることができるように、全ての国民が医療保険に加入することになっています。(国民皆保険)

 健康で明るい暮らしを守るために、国民健康保険を十分理解して、みんなで守っていきましょう。

 

 

一人ひとりが被保険者です

 国保は、未成年者や幼児、あるいは一家の世帯主など家族の区分なく加入します。したがって、一人ひとりが被保険者です。

 

加入者は世帯ごと

 一人ひとりが被保険者でも、国保には原則として住民票に登録されている世帯ごとに加入することになります。

 

外国人の場合

 在留期間が3か月を超える方は、国保の加入対象となりますので加入手続きを行ってください。

 ただし、職場の健康保険に入っている方や生活保護を受けている方、旅行などの一時滞在者、医療を受けることを目的に滞在する方と

 その世話をするために滞在する方等は除かれます。

 

お問い合わせ

国保医療課
国保料係
電話:0157-25-1130