納付期限と納め方

2015年4月1日

納付書又は口座振替(普通徴収)による納付の場合の納期は、6月から翌年3月までの10回です。納付期限は、各月とも月末ですが、12月は28日となります。また、納付期限の日が休日の場合は、次の平日になります。

なお、保険料を納期内に納めることが困難な場合には、納付についての相談を受け付けていますので、総務部納税課までご連絡ください。

 

納付できるところ

 

・北見市役所、総合支所、支所・出張所、市民サービスセンター

・北見信用金庫、北洋銀行、北海道銀行、北陸銀行、網走信用金庫、遠軽信用金庫、北海道労働金庫、釧路信用組合の全部の本支店、道内のゆうちょ銀行又は郵便局

・きたみらい農業協同組合の全部の本支店、常呂町農業協同組合、常呂漁業協同組合

 

 年金引き去り(特別徴収)の場合は、年6回の年金支給月に年金から保険料が差し引かれます。口座振替による納付(普通徴収)を選択することができますので、ご希望の方は届け出をしてください。

 

 

年金引き去り(特別徴収)

 

下記の要件全てに該当される世帯主の方は、国民健康保険料を、受給されている年金から引き去り(特別徴収)により納めていただくことになります。

年金引き去り(特別徴収)により、国民健康保険料納付のために金融機関へ出向いたり、現金を用意する必要がありません。

 

年金引き去り(特別徴収)の要件

 

1 世帯主が国民健康保険であること

2 世帯内の国保被保険者全員が、65歳以上75歳未満であること

3 引き去り対象となる年金の年額が18万円以上であること

4 国民健康保険料と介護保険料の合計額が年金額の2分の1以下であること

5 口座振替(普通徴収)による納付を希望する手続きをしていないこと

 

上記の条件を満たしていても、世帯主が年度内に75歳になる場合は、納付書又は口座振替(普通徴収)による納付となります。

 

年金引き去りの開始時期

保険料の年金引き去り(特別徴収)の開始される時期は、次の要件のいずれかに該当した時期により決定します。

1 すでに年金を受給している方が65歳になったこと

2 65歳以上の方が新たに年金の裁定を受けたこと

3 すでに年金を受給している方が北見市に転入し、年金保険者と市に住所変更の届出をしたこと

 

要件に該当した時期 開始時期
4月2日~10月1日 翌年4月
10月2日~12月1日 翌年6月
12月2日~翌年2月1日 8月
2月2日~4月1日 10月

 

保険料の仮徴収(4月・6月・8月の年金引き去り)

保険料を年金引き去り(特別徴収)でお支払いただいた方は、2月の引き去り額と同額を、翌年度の保険料として、4月・6月・8月に年金引き去り(特別徴収)させていただきます。

翌年度の年間保険料は、6月に決定します。年間保険料額から仮徴収(4月・6月・8月の年金引き去り)した金額を差し引いた残りを、10月・12月・2月の年金からお支払いただきます。

 

 

保険料の納付方法の選択

 

保険料を年金引き去り(特別徴収)でお支払いただいている方、新たに年金引き去り(特別徴収)でお支払いただく方は、年金引き去り(特別徴収)と口座振替(普通徴収)のいずれかを選ぶことが出来ます。

 

年金引き去り(特別徴収)を選ぶ方

届け出は不要です。

 

口座振替(普通徴収)を選ぶ方

「納付方法変更申出書」の提出が必要です。口座振替の申込をされていない方は、納付方法変更申出書の提出と同時に、口座振替の申込をしてください。

 

なお、申込は随時受け付けていますが、口座振替に変更になる月は申込の時期により異なります。

お問い合わせ

国保医療課
国保料係
電話:0157-25-1130