丸森町

2016年7月1日

 丸森町(宮城県) 

提携年月日

1996年(平成8年)8月16日(姉妹都市)

提携の契機

豊実地区に伝わる神楽「豊実神楽」の発祥の地である。

都市の概要

宮城県の最南端に位置し、阿武隈山地の北端で県内でも最も温暖な地域で、人口約1万4千人のまちです。
阿武隈川とその支流に囲まれた丘陵地帯に分布する台町古墳群は200基以上が集中する東北地方屈指の大古墳群です。
昭和29年に2町6村が合併して現在に至っており、昭和61年には旧国鉄丸森線が第3セクター阿武隈急行として開通、これにともなう宅地造成や観光施設の充実が図られています。
不動尊公園、阿武隈川流域、夫婦岩ブナの原生林一帯の県立自然公園ほか、阿武隈川ライン舟下り、斎理屋敷などの観光施設も多くあります。

丸森町の様子 

 

   阿武隈ライン舟下り.jpg

 ▲阿武隈ライン舟下り

 

 □ 丸森町のホームページ(外部リンク)

お問い合わせ

市民活動課
国際交流係
電話:0157-25-1105
ファクシミリ:0157-25-1016