水道料金統一に伴う激変緩和措置

2014年3月28日

平成22年10月より水道料金を統一しましたが、激変緩和措置として、平成26年10月検針分まで、最初の2年間は新料金との差額の3分の2を、次の2年間は3分の1を減じるものとします。(北見端野地区の工業用・留辺蘂地域の家畜防除用は、改定率の影響が大きいことから、平成32年10月検針分までの間、別途緩和措置を行います。)

  • 水道料金(1か月分)
    用途 口径
    (mm)
    基本料金 従量料金
    1区分 2区分
    住宅用 13 1,260円 ~8m3まで
    1m3につき

        45円
    8m3超の
    1m3につき

       167円
    20 1,290円
    25 1,320円
    30 1,320円
    40 1,860円
    50 3,040円
    75 3,240円
    100 4,310円
    住宅用以外 13 1,830円 ~10m3まで
    1m3につき

        53円
    10m3超の
    1m3につき

       201円
    20 1,870円
    25 1,890円
    30 1,890円
    40 2,430円
    50 3,610円
    75 3,810円
    100 4,880円
    150 8,570円

    ※上記の基本料金と従量料金の合計額に消費税等相当額を加えた額
    ※住宅用とは、住宅において日常生活の用に使用するものをいう。

 

水道料金の激変緩和措置のイメージ

(例:住宅用・口径13mm・20m3使用)

  • 高くなる場合(これまでの料金 3,298円 → 新料金 3,913円)
    平成22年10月使用分~ 3,913円-(3,913円-3,298円)×2/3=3,502円
    平成24年10月使用分~ 3,913円-(3,913円-3,298円)×1/3=3,708円
    平成26年10月使用分~ 3,913円

     
  • 安くなる場合(これまでの料金 5,281円 → 新料金 3,913円) 
    平成22年10月使用分~ 3,913円-(3,913円-5,281円)×2/3=4,825円
    平成24年10月使用分~ 3,913円-(3,913円-5,281円)×1/3=4,369円
    平成26年10月使用分~ 3,913円

     

水道料金早見表

お問い合わせ

上下水道局経営企画課
財務担当
電話:0157-25-1119
ファクシミリ:0157-31-3591