公的資金補償金免除繰上償還に係る「公営企業経営健全化計画」について

2016年11月24日

 これまで、公的資金(財政融資資金など、国などから借り入れた地方債)の繰上償還を行う場合は、将来の利息収入の補てんとして、補償金の支払いを要することとされていましたが、国の制度改正により、行政改革・経営改革を行う地方公共団体を対象に、平成19年度から平成21年度までの3年間、年利5パーセント以上の高金利の公的資金について、補償金の支払いを免除しての繰上償還と、低利の民間等資金への借換えが認められることとされました。

北見市としましては、高金利地方債による公債費負担の軽減を図るため、「公営企業経営健全化計画」を策定、集中改革プランなどに基づく財政健全化の取り組みを示し、繰上償還の承認を求めてきましたが、平成19年12月、国の承認を得ました。

さらに、この制度が平成22年度から平成24年度までの3年間に限り、延長されることとなりました。

ここでは、上下水道局が所管する各会計の「公営企業経営健全化計画」の概要を掲載しています。
 

 

 

なお、この承認を受け、平成19年度から平成24年度にかけて繰上償還の実施と、民間等資金への借換えを実施しました。

 

繰上償還額

(単位:百万円)

会計区分 繰上償還額(H19) 繰上償還額(H20) 繰上償還額(H21) 繰上償還額(H22) 繰上償還額(H23) 繰上償還額(H24) 合 計
水道事業会計 561 422 - - 15 328 1,326
簡易水道事業特別会計 47 65 - - - - 112
下水道事業会計 2,269 2,098 2,522 - - 432 7,321
下水道事業特別会計 196 - - - - - 196
漁業集落環境整備排水事業特別会計 - 43 - - - 21 64
合      計 3,073 2,628 2,522 - 15 781 9,019

 

※下水道事業特別会計は平成20年度から、また、簡易水道事業特別会計は平成23年度から企業会計に統合されました。

 

年利5.00%~8.10%の地方債を、年利0.19%~2.45%に借換えました。

 

 

お問い合わせ

上下水道局経営企画課
財務係
電話:0157-25-1119