観光ポイント

2014年3月31日

北見自治区エリア

北見ハッカ記念館・蒸留館

ハッカ記念館

戦前世界のハッカの約7割を生産していたという北見ハッカの歴史を伝える史料館。乾燥ハッカの標本や、世界中のハッカ製品など様々な資料が展示されています。別棟の薄荷蒸溜館ではハッカの蒸溜実演を行っており(蒸留期間4月29日~11月3日)、その様子を見学できます。ハッカ記念館前のハーブガーデンでは、和種ハッカ・洋種ハッカ・多種のハーブが楽しめます。

北網圏北見文化センター

北網圏北見文化センター

天体宇宙など、科学展示を通じて科学のしくみを理解してもらう科学館には、プラネタリウムや天体観測室・体験学習室などが整備されています。博物館には、北見開拓当時の暮らしを復元した屯田兵室の展示をはじめ、太古から現在に至る自然・文化が体系的に紹介されています。

仁頃はっか公園

ハッカ公園

市内中心部から車で約20分。仁頃町の道道7号線沿いにあり、総敷地面積約4haの園内には、北見はっか黄金期のはっか商・五十嵐弥市氏の私邸「ハッカ御殿」、物置には当時のはっかが植えられ、7月下旬から8月下旬の間は「エゾミソハギ」の群生が満開になり、訪れる人々をあたたかく出迎えてくれます。

ハッカ御殿

ハッカ御殿

市内中心部から車で約20分。仁頃町の道道7号線沿いにあり、総敷地面積約4haの園内には、北見はっか黄金期のはっか商・五十嵐弥市氏の私邸「ハッカ御殿」、物置には当時のはっかが植えられ、7月下旬から8月下旬の間は「エゾミソハギ」の群生が満開になり、訪れる人々をあたたかく出迎えてくれます。

ピアソン記念館

ピアソン記念館

北見地方でキリスト教伝道に尽くしたピアソン夫妻の住宅で、北海道遺産に指定されています。1階はピアソン夫妻の遺品など、2階は姉妹都市のエリザベス市(アメリカ合衆国)の資料が展示されています。

金刀比羅さくら公園

金比羅さくら 約650本の桜並木は、エゾヤマザクラ、八重桜、ソメイヨシノなど、北見市で一番の桜の名所です。

北見ファミリーランド

ファミリーランド 東北海道には数少ない遊園地で、クレイジーマウス、スペースシャトルなど10種類以上の遊具があります。隣接した斜面では、冬季間、若松市民スキー場として利用されています。

北見フラワーパラダイス

フラワーパラダイス 東京ドーム約6個分の広大な敷地に、季節の花々85種3万本が咲き誇る花園。春はつつじ、芝ざくら、チューリップ、紅梅。夏はあじさい、バラ、ユリ、かすみ草、コスモス。秋は菊、ダリア、ベンケイソウなどが見られます。

香りゃんせ公園

香りゃんせ公園 常呂川河岸に広がる香りゃんせ公園は水とハーブの公園。中央にある大きな噴水をシンボルとして公園内には役50種類以上ものハーブが市民の手によって植えられています。毎年7月には香りゃんせフェスティバルが開催されています。

モイワスポーツワールド

モイワスポーツ モイワスポーツワールドは総天然芝4面もの球技場を中心にテニスコートなどスポーツ施設がならぶトレーニングセンター。ラグビーを中心に全国から合宿に訪れます。

留辺蘂自治区エリア

道の駅「おんねゆ温泉」

道の駅2

石北峠を下りると最初に出会う道の駅、「クリーンプラザ・おんねゆ」では、網走管内の峠や道路状況などを知ることができます。「クリーンプラザ・おんねゆ」の横には「からくり王国」があり、いろいろな土産品も買うことができます。また、おいしいアイスクリームや軽食を食べることもできます。敷地内には山の水族館、からくりハト時計塔果夢林、果夢林の館などがあり、一歩先を進めるとおんねゆ温泉が広がります。

山の水族館

山の水族館.JPG

平成24年7月7日オープン

 

おんねゆ温泉山の水族館は、新しく生まれ変わり世界初の「川が凍る水槽」、日本発の「滝つぼ水槽」、北の大魚「天然イトウの大水槽など幻想的な「水塊」を、ぜひ体感してください。

 果夢林

果夢林

『果夢林の館』は木材のまち留辺蘂の特産品を展示販売する「果夢林ショップ」と、木肌がやさしい木製遊具を設置した「果夢林ワールド」、木工作に必要な機械・工具を取り揃え、木工クラフトを体験できる「クラフト体験工房」の3つの部屋からなる館。

おんねゆ温泉つつじ公園

つつじ公園

全国随一7万株28万本ものエゾムラサキツツジが自生しているつつじ山を中心に広がる公園。

このエゾムラサキツツジは北海道の天然記念物にも指定されています。公園の方には3000本もの種類の違ったツツジがあり、つつじ山のものとは一味違う趣を見せています。5月~10月

武華駅逓

武華駅逓 留辺蘂町の重要史跡。大正9年に開設された現存する管内最古の駅逓で、現在もそのままの姿で保存されています。建物は日本建築学会から近代日本の名建築に選ばれています。また、館内には開拓当時からの貴重な工具などが展示されています

端野自治区エリア

森と木の里

森と木の里 「森と木の里」はキャンプ場やアスレチック公園、バーベキューハウスや遊歩道を備えた、端野の自然を満喫できる自然公園です。管理センターでは木工体験ができます。

屯田の杜公園

屯田の杜

屯田兵によって開拓された端野の歴史を伝える公園。屯田兵開拓の史料を展示する歴史民族資料館や公民館をはじめ、図書館、トレーニングセンター、アスレチック公園、パークゴルフ場、ウオーターパークなどの施設があります。

オホーツクの森

オホーツクの森

面積約4,000haの天然林を利用した自然公園。豊かな森林と眺望で知られており、森林浴には最適です。また、オホーツクの森に至る沢づたいの崖に3,000万年前から1,600万年前の地層が露出しており、かつてこの地帯が海であったことを示す貝の化石を多く見ることができます。

のんたの湯

のんたの湯 端野町のふるさと100年を記念してつくられた温泉で、木質を生かした上品な建物が特徴で、開放感あふれる露天風呂が自慢。

常呂自治区エリア

 

サロマ湖

サロマ湖夕日

サロマンブルーと呼ばれる独特の青い色をたたえるサロマ湖。総面積151.7平方キロは国内第3位にして北海道最大の面積を誇る湖です。

また、美しい夕日に代表される広大な風景は人々の情感を育む大きな源となっています。

ワッカ原生花園

ワッカ原生花園 オホーツク海とサロマ湖を隔てる砂州に広がる海浜植物の一大群落地。季節の変化に合わせて約300種類以上の草花が咲き、野鳥の繁殖地にもなっています。平成13年には北海道遺産にも選定されました。

常呂遺跡

常呂遺跡

史跡常呂遺跡には、縄文時代からアイヌ文化の時代まで、途切れることなく遺跡が残り、特に竪穴住居の数は日本最大とされています。「遺跡の森」という史跡公園の中に、遺跡の出土遺物を展示する「遺跡の館」や「埋蔵文化財センターどきどき」があります。

森林公園・百年記念塔

森林公園・百年記念塔

常呂の平野とオホーツク海、サロマ湖を見下ろす眺望の丘。バードウォッチングに最適な観察林、トリムやバーベキューハウスがあり家族連れで楽しめます。パークゴルフ場は整備されたコースで人気です。隣接した百年記念塔は、高さ30m、海面からの高さ100m、塔内の階段は100段と100づくし。森林公園内に建てられたシンボルタワーです。

手工芸の館

手工芸の館

常呂の焼き物「オホーツク流氷焼」の窯元で、流氷焼の作品の展示販売のほか、陶芸の体験もできる施設。陶芸体験は専任のインストラクターが指導してくれるので初心者でも安心です。

カーリングホール

アドヴィックス常呂カーリングホール 日本ではじめての屋内専用カーリングホール。多くのオリンピック選手を産み、日本におけるカーリングの聖地とされています。インストラクターの指導によるカーリング体験をすることができます。

アドヴィックス常呂カーリングホール内部

お問い合わせ

観光振興室 観光振興課
電話:0157-25-1244