大和最終処分場について

2011年5月26日

埋立地外略図

自然環境に配慮した施設です。
ごみ処理施設・リサイクルプラザから排出される不燃物やプラスチック類など埋め立て処分するための施設です。

ごみ処理場上空から

公害・環境対策について
埋め立てられたごみが流出しないように「流出防止堰堤(りゅうしゅつぼうしえんてい)」というダムのようなものを設けており、その上流側にごみを層状に埋め立てます。

また、ごみが風などにより飛散しないように「飛散防止柵」を設けています。

ごみに含まれる水などが地下水や川を汚染しないように「遮水シート」が敷かれています。

また、「保護マット」を敷き「遮水シート」が損傷するのを防ぎ、万 が一「遮水シート」が損傷したときは、底面部にある「漏水探知システム」で水漏れを感知し、その位置が分かるようになっています。

雨水等による最終処分場 の浸出水については、水処理工程を経て河川に放流されます。

 

お問い合わせ

クリーンライフセンター
電話:0157-67-7070