北見市動植物相調査

2012年4月4日

 北網圏北見文化センターでは、博物館活動として北見市周辺の自然調査や、自然のしくみ・おいたちについての基礎的な調査研究をしています。

 北見市にはどんな植物、昆虫、鳥類がいるかを調査研究し、身近な生物リスト(自然の住民基本台帳)の作成や絶滅危惧種、外来種の把握しデータ化することで、さまざまな教育に活用できるように取り組んでいます。

 本年度予定

 期  間:5月~10月(7回)

 場  所:緑ヶ丘森林公園、南丘森林公園、端野、留辺蘂、武華岳、常呂川流域など

 内  容:特定外来植物調査(オオハンゴンソウ・オオアワダチソウ)
       水生昆虫調査、ヒョウモンチョウ(タテハチョウ科)の生息調査

 

特定外来種植物 オオハンゴンソウ オオハンゴンソウの様子
特定外来種オオハンゴンソウ オオハンゴンソウの群落
オジロワシ幼鳥 特定外来種アメリカミンク 排除活動
絶滅危惧種オジロワシ(幼鳥)と特定外来生物アメリカミンク 外来バチ駆除活動の様子

関連ワード

お問い合わせ

文化財課
博物担当
電話:0157-23-6742