後期高齢者医療保険料のお支払い方法について

2016年10月1日

保険料のお支払い方法は2つの方法があります。年金からのお支払いを『特別徴収』、納付書や口座振替でのお支払いを『普通徴収』といいます。
原則は、年金からのお支払いとなっておりますが、希望により口座振替に変更することも出来ます。
また、次のいずれかに当てはまる方は年金からのお支払いが出来ませんので、「納付書」や「口座振替」によりお支払いいただきます。

 

○年金からのお支払いが出来ない方

 ・年金額が年額18万円未満の方(介護保険料が年金から引かれていない方)

 ・介護保険と後期高齢者医療制度の保険料の合計が、介護保険料が引かれている年金額の
  半分を超える方

 

※注意事項※

 後期高齢者医療制度に加入してから、およそ半年間は「年金からのお支払い」が出来ません。「納付書」や「口座振替」で納めてください。
 新たに加入された方は、加入した月の翌月中旬頃までに保険料の決定通知書をお送りします。

 

口座振替を希望する方はお手続きが必要です

  後期高齢者医療保険料を口座振替で納めることを希望する方は、お手続きが必要になります。

  国保医療課窓口にて下記のものをご持参いただきお手続き願います。

 

   【口座振替手続きに必要なもの】

    ・後期高齢者医療被保険者証

    ・本人確認ができる書類

      1点でよいもの:マイナンバーカード(個人番号カード)、運転免許証、パスポート、障害者手帳など

      2点必要なもの:後期高齢者医療被保険者証、介護保険証、年金手帳、北見市バス乗車証など

      ※本人確認については こちら をご覧ください。

    ・振替を希望する通帳(本人以外の口座でも可能です。)

    ・通帳の届出印

 

※注意事項※

  国民健康保険料を口座振替で納めていた方も、振替は自動継続されませんので、改めて手続きが必要です。

関連ワード

お問い合わせ

国保医療課
後期高齢者医療係
電話:0157-25-1130