Q&A国民健康保険(国保)のよくある質問

2016年10月1日

◎加入や喪失に関すること

Q1  職場の健康保険に加入したのですが、国保はどうしたらいいですか?

     
 職場の健康保険に加入しても、自動的には国保の脱退とはなりません。
 国保を脱退するための届出が必要です。届出をしないと国保に加入し続けることになり、保険料を請求されますので届出は忘れずにお願いします。

 

  【届出に必要なもの】
   ・職場の健康保険証
   ・国民健康保険被保険者証
   ・世帯主および脱退する方のマイナンバーカード(個人番号カード)または通知カード
   ・本人確認ができる書類(本人確認書類について) 

Q2  職場の健康保険に加入後、国保の保険証を使った場合どうすればいいですか?

     
 国保での医療給付分(医療費の7~9割)をお返しいただくことになります。
 お返しいただくための「納付書」が届きましたら、北見市役所まちきた大通りビル庁舎ほか納付書に記載のある「納めるところ」をご確認のうえお納めください。
 なお、返還相当額は、申請により職場の健康保険から支払われます。 

Q3  保険証をなくしてしまいました。再発行できますか?

 北見市役所国保医療課又はお近くの支所、出張所、総合支所で再交付することができます。

 【申請に必要なもの】
  ・世帯主および再交付を希望する方のマイナンバーカード(個人番号カード)または通知カード
  ・本人確認ができる書類(本人確認書類について) 

 なお、本人確認ができない無い場合や、同じ世帯の方以外の方が申請される場合は、郵送になります。

Q4  退職者医療制度とは何ですか?

 長い間勤めた会社や役所等を退職して厚生年金や共済年金を受給されている方とその被扶養者に加入していただく制度です。
 加入者の医療費の窓口負担は一般の国保と同じですが、医療費の保険者負担の一部が職場の健康保険などからの拠出金で賄われます。
 対象となる方が届出をされないと、本来、拠出金により負担されるべき医療費分まで国保が負担することになってしまいます。対象となる方は、必ず手続きをお願いします。 

Q5  今月から職場の健康保険に加入しました。今月末期限の保険料は払わなくていいですか?

 国保は、4月から3月までの12か月分を6月末から3月末までの10回の納期に分けて納めていただきます。
 そのため、1回あたりのお支払額は1.2か月分相当になり、各月末の納期限の保険料額が各月の保険料額に対応しているわけではありません。
 したがって、国保を脱退する手続きをしていただいた翌月に精算することになりますので今月末期限の保険料は、一旦納めていただき、納め過ぎとなった場合はお返しすることになります。なお、脱退手続きの際に精算された場合は納める必要はありません。

 

 

◎保険料に関すること

Q6  保険料が上がったのはどうしてですか?


  保険料が上がる理由として以下A(1)~A(7)のようなことが考えられます。

  A(1)  料率が前年度より上がっている場合、所得が変わらなくても保険料は上がります。
             
              「保険料の料率」は、3月の市議会において議決され、決定しています。詳しくは、「計算方法」のページに掲載しています。

 
  A(2)  前年度中の所得が増えると保険料は上がります。
      
             保険料の計算には、前年中の1月1日~12月31日までの所得を用いており、国保に加入している方それぞれの所得から所得割算定基礎額を求め、その額の世帯合計に所得割の料率を乗じて算出します。そのため、前年中の所得が増えると保険料も上がります。

  A(3)  世帯に所得の未申告の方がいる場合、保険料が上がることがあります。

             国保には、所得が一定基準を下回る世帯に対して減額制度がありますが、世帯主及び国保に加入している方の中で未申告の方がおりますと、世帯の所得 を把握することができないため、実際には世帯の所得が低くても保険料の減額を適用することができません。
             該当となる方は、市民税課または総合支所総務課で申告してください。

  A(4)  前年度に比べ、今年度の減額割合が下がる場合、保険料は上がります。

             世帯の人数や総所得が前年と変わると減額割合が変わることがありますが、減額割合の変更より、減額する額が少な くなることで保険料は上がります。
                    1.減額割合の変更によるもの(7割→5割、7割→2割など)
                    2.減額対象外によるもの(7割→減額なし、2割→減額なし など)

  A(5)  非自発的失業者に係る保険料の軽減(特例軽減)の対象期間が終了している方は保険料は上がります。

             特例軽減は、離職日の翌日の属する月から、その月の属する年度の翌年度末までです。詳しくは国保医療課までお問い合わせください。

  A(6) 世帯に国保加入の方が増えると保険料は上がります。

             国保には、協会けんぽ等のような被扶養者の考え方はないため、世帯に国保加入者が増えると、被保険者一人当りを単位として負担していただく均等割 額や所得のある方には所得割額が加算されるため、その分の保険料が上がります。

  A(7)  被保険者に今年度40歳になられる方がいる場合、介護分の保険料が含まれるため保険料は上がります。

             40歳~64歳までの方(第2号被保険者)の保険料には、介護分の保険料が含まれるため、その分の保険料が上がります。
             そのため、今年度40歳になられる方の生年月日が4月2日~6月2日の方には、介護分の保険料を新年度当初(6月)の通知書に含めて通知します。
             なお、今年度40歳になられる方の生年月日が6月3日以降の方には、誕生月(1日生まれの方は、誕生月の前月)から介護分の保険料が生じ、誕生月の 翌月(1日生まれの方は、誕生月)に通知します。

Q7  国保以外の健康保険に加入しているのになぜ保険料を払わなくてはならないのですか?

 国保の各種届出や保険料を納める義務は、世帯主にあります。
 したがって、世帯主が国保以外の健康保険に加入している場合でも世帯の中に国保の加入者がいる場合は、これらの義務を負うことになります。
 この場合の世帯主のことを「擬制世帯主」と言います。
 ただし、申請により、国保上の世帯主を変更することができますが、現在の擬制世帯主が「世帯主変更に同意していること」、「擬制世帯主に代わり申請者が国保上の世帯主になることを希望してい ること」、「保険料の未納がないこと」などの条件があります。

Q8 保険料が年金から引き去り(特別徴収)されていますが、口座振替や納付書払いにはできないですか?
           
 年金引き去り(特別徴収)されている方については、申し出により、口座振替への変更はできますが、納付書で納めることは認められておりません。
 なお、保険料の納付額は、所得税・住民税の社会保険料控除の対象となります。社会保険料控除は、保険料を納付された方が適用を受けられます。
 年金引き去りになる方の保険料をご本人以外の方の社会保険料控除として適用を希望する場合は、適用を希望する方の名義で口座振替をご選択ください。

お問い合わせ

国保医療課
電話:0157-25-1130