鳥インフルエンザに関する情報

2016年12月13日

北見市内における高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出について (2例目)

12月8日に北見市常呂町で回収され、北海道大学において確定検査を実施していた死亡野鳥(オオハクチョウ)について、本日(12月13日)結果が判明し、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)と確認されました。

市におきましては、12月3日より巡回等を実施しておりますが、市内養鶏場等において異状を認める報告はありません。

なお、衰弱・死亡している鳥を発見した場合は下記の連絡先までご連絡下さい。 

※上記を含め、北見市内における鳥インフルエンザの発生状況はこちら[PDF:50KB]をご覧下さい。

※高病原性鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥と密接に接触するなどの特殊な場合を除いて通常では人には感染しないと考えられていますので冷静な対応をお願いします。

 

当該伝染病につきましては感染力が非常に強く、渡り鳥等によって媒介されるとされており、北見市においても白鳥などの渡り鳥が飛来することから、衰弱していたり、死亡している野鳥を見つけたときは次の事項に注意するとともに、直ちに下記までご連絡願います。

注意事項

  • 死んでいたり、衰弱している野鳥を見つけた場合は、「素手で触らないように」しましょう。
  • 野鳥の排せつ物等に触れた後は、「手洗い」と「うがい」をしましょう。
  • 野鳥の糞を踏んだ場合は、「靴底を洗う」ようにしましょう。
  • 野鳥には「えさを与えない」ようにしましょう。

お願い

 野鳥が死んでいるのを見つけた場合は、北見市農政課またはオホーツク総合振興局農務課・環境生活課までご連絡ください。

 高病原性鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人に感染しないと考えられています。

 日常生活において、野鳥の排せつ物等に触れた後に手洗いとうがいをしていただければ過度に心配する必要はありませんので、冷静な行動をお願いいたします。

連絡先(死亡・衰弱している野鳥を発見した場合はこちらまで)

  • 北見市農林水産部農政課      電話(直通)0157-25-1142
  • オホーツク総合振興局農務課    電話(直通)0152-41-0665
  • オホーツク総合振興局環境生活課 電話(直通)0152-41-0632/(代表)0152-41-0603(内2989)

関連情報

お問い合わせ

農政課
畜産係
電話:0157-25-1142