子ども・子育て支援新制度

2016年7月21日

子ども・子育て支援新制度について

平成24年8月に※子ども・子育て関連3法が国会で成立し、幼児期の学校教育・保育や、地域の子ども・子育て支援を総合的に推進することを目的とした、子ども・子育て支援新制度が、早ければ平成27年度にスタートする予定です。

新制度では、消費税の引き上げによる増収分の一部などを財源に、子ども・子育ての支援を充実することになっています。

このため、国では、平成25年4月に、子ども・子育てに係る様々な関係者からなる「子ども・子育て会議」を設置し、新制度の詳細について検討されることになっています。

本市においても、国の子ども・子育て会議で詳細が決定次第、国が示すスケジュールに従い、市民の皆様の子育ての状況やニーズを把握し、
それに基づいた「市町村子ども。子育て支援事業計画」の策定の準備を進めるなど、新制度に向けた準備を進めてまいります。

※子ども・子育て関連3法とは、新制度の創設に関する3つの法律のことをいいます。

(1)子ども・子育て支援法

(2)認定こども園法の一部を改正する法律

(3)関係法律の整備等に関する法律(児童福祉法等の改正)

 

子ども・子育て支援新制度とは

(1)質の高い幼児期の教育・保育を総合的に提供します。そのため、幼稚園と保育所の良さを合わせ持つ「認定こども園」の普及を進めます。

(2)待機児童解消のため、保育の受け入れ人数を増やすとともに、子どもが減少傾向にある地域の保育を支援します。

(3)子育ての相談や一時預かりの場を増やすなど、地域の子育てを一層充実させます。

 

国が新制度で目指すこと

1「質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供」に向けて

幼児教育と保育を一体的に提供する「認定こども園」制度の改善を目指します。

これまで非常に複雑だった設置のための手続きを簡素化することにより、施設の整備と幼児教育・保育及び家庭における養育支援の一体的な提供の促進を図ります。

 

2「保育の量的拡大・確保」に向けて

 新制度の創設のために、約0.7兆円の財源が充てられことになっています。

この0.7兆円のうち、約0.4兆円が保育等の量の拡充に充てられることになっており、待機児童が発生している地域での施設整備などを促進します。

また、行政による設置の「認可」の仕組みを改善し、「小規模保育」や「事業所内保育」などの様々な手法による保育に対する新たな財政措置を行い、提供される保育の量や種類を増やすことで、待機児童の解消を目指します。

 

3「地域の子ども・子育て支援の充実」に向けて

地域における子育て支援に関する様々なニーズに応えることができるよう、「放課後児童クラブ」、「一時預かり」、「延長保育」、「地域子育て支援拠点事業」、
「妊婦検診」などの事業の拡充を図ります。


 

北見市子ども・子育て会議条例[PDF:76KB]

北見市子ども・子育て会議条例施行規則[PDF:92KB]


 

※子ども・子育て支援新制度に関する情報を詳しく知りたい方は、下記の関連リンクをご覧ください。

子ども・子育て支援新制度(内閣府HP)

おしえて!子ども・子育て支援新制度(リーフレット:PDF448KB)

お問い合わせ

子ども未来部保育課
電話:0157-25-1625