温根湯温泉街再生整備計画事業事後評価の公表

2013年9月26日

 

□都市再生整備計画事業とは

 地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的としています。平成16年度「まちづくり交付金」制度として創設し、平成22年度からは社会資本整備総合交付金に統合され、基幹事業である都市再生整備計画事業として位置付けられました。

 

□事後評価とは

 まちづくり交付金事業による成果等を客観的に診断して、今後のまちづくりを適切な方法で実施すること、及び事業の効果を市民の皆さまにわかりやすく説明することを目的としています。

 

□事後評価結果の公表

 国のまちづくり交付金制度を活用し、平成20年度から5カ年間で、道路整備や橋の架け替え、広場整備や山の水族館移転改築などの事業を進めてきました「温根湯温泉街再生計画事業」が平成24年度で完了いたしました。 この事業の完了に伴い「事業評価」の作業を進め、事後評価結果がまとまりましたので公表します。今後は、評価結果を踏まえ、引き続き、地域の特性を活かした個性あるまちづくりを進めていきます。

 

留辺蘂町温根湯温泉地区 事後評価結果(300KBytes)

お問い合わせ

留辺蘂総合支所建設課
土木担当
電話:0157-42-2464
ファクシミリ:0157-42-2500