きたみ市議会だより(平成26年第1回定例会)【HTML版】

2014年5月27日

きたみ市議会だより 第33号

平成26年第1回定例会(平成26年6月発行)

第33号 表紙

 

1.第1回定例市議会、第1回・第2回臨時市議会
2.第1回定例会
3.都市再生整備特別委員会 中間報告
4.第1回定例会 可決された主な議案
5.第1回臨時会
6.第2回臨時会
7.新しい議会構成
8.議会広報
9.議会日誌
 

 

 

1.第1回定例市議会、第1回・第2回臨時市議会

定例会では新市庁舎建設などで質疑、改選後の第2回臨時会で議会人事

 平成26年2月の第1回定例市議会では、平成26年度各会計予算・条例改正議案、副市長・教育委員会委員などの人事案件、その他報告案件を原案通り議決したほか、新市庁舎の建設や市政執行方針などについて市長の見解をただしました。
 3月の市議会議員選挙(定数2人減の28人)後、4月に開催した第2回臨時市議会では、正副議長の選出をはじめ、各委員会の委員構成を決定し、新しい議会がスタートしました。
 また、「都市再生整備特別委員会の設置に関する決議」を全会一致で可決し、懸案の都市再生事業について、今後同特別委員会で審議を進めていくこととなりました。
 

 

 

2.第1回定例会

平成26年度各会計予算など44議案を議決、代表・一般質問には11議員が登壇

 平成26年の第1回定例市議会は、2月13日に開会、平成26年度一般会計予算など44議案を原案通り議決し、同28日に閉会しました。
 初日の13日には、都市再生整備特別委員会の中間報告のあと、櫻田真人市長が市政執行方針演説、佐藤宣秀教育長が教育行政方針演説、櫻田市長と塚本敏一副市長が議案の提案説明をそれぞれ行いました。
 櫻田市長は、市政執行方針の中で、都市再生事業について「今年はしっかりとした方向性を市民に示し具体的に事業を進め、市の将来を形作るまさに節目の年となるよう全力で取り組んでいく」と決意を述べました。
 18日・19日の両日には、代表質問と一般質問が行われ、議員11人が新市庁舎建設(都市再生事業)をはじめ、公約、市政執行方針、福祉灯油などに関して、理事者の見解をただしました。
 21日には、総務教育・福祉民生・産業経済・建設企業の各常任委員会において平成25年度各会計補正予算などの付託議案を審査しました。
 24日、本会議を再開し、委員会に付託されていた平成25年度各会計補正予算、条例改正案、同日追加提案された同一般会計補正予算、昨年の第4回定例会で提案され、引き続き審査を行っていた暴力団排除条例の制定と下水道条例の一部改正など23議案を原案通り可決しました。
 25日から最終日の28日までは、予算審査第1・第2特別委員会を開催し、新年度の当初予算案及び関連議案を審査しました。
 28日の特別委員会終了後の本会議では、平成26年度各会計予算、副市長の選任、教育委員会委員の任命など18議案、意見書2件及び報告案件を原案通り議決し閉会しました。
 

 

代表質問全5会派 新市庁舎建設、都市再生について市長の見解ただす

 代表質問では、櫻田市長が1月の都市再生整備特別委員会で、新しい市庁舎建設を中心とする「複合交通・地域交流拠点の方向性」を提案したことを受けて、全5会派が新市庁舎建設、都市再生事業について取り上げました。
 新市庁舎の位置についての、「見直しも必要ではないか」(市民・連合クラブ)、「新たに提案すべき」(日本共産党)との質問に対して、櫻田市長は、「経過や議決の重みなどを踏まえ、現在地の大通西2丁目とする考え方を基本に検討していきたい」「今回示した考え方は商工会議所や周辺地権者からの提案や要望も鑑み判断した」と答弁しました。
 複合交通ゾーンに関して、「バスターミナルの位置を固定すべきではない。利用者の声を反映する機会がないのは問題」(市民・連合クラブ)、「バスターミナルの駅前広場への移転は大きな損失をもたらす。再考すべき」(日本共産党)との質問に、櫻田市長は都市計画審議会への諮問、関係機関との協議を進める中で具体的な配置、利用者の声の反映手法をそれぞれ検討する、としました。「バスターミナルを移転する利点や駅前広場の将来像」について(会派みらい)は、「乗り継ぎの利便性が高まり交通結節機能の向上が図られる。屋外空間として時代に即した駅前広場機能を再配置して引き続き愛される空間であるべき」と述べました。
 

 

民有地取得は「年内をめどに」

 新市庁舎建設に係る民有地取得の時期を含めた今後のスケジュールについて(市民・連合クラブ、会派みらい)、櫻田市長は、「土地開発公社に契約を年内をめどに進めてもらっている。JR用地は年内に基本合意ができるよう進めていきたい」「速やかに基本計画を見直し、用地取得の条件が整った段階で議会に諮るとともに、市民への説明を行っていきたい」と説明。
 

 

駐車場計画では「市民の利便性を確保」

 駐車場計画の考え方などについて(同)、櫻田市長は、「市民の利便性を考慮した計画とすることが最も基本的なこと。利便性が確保できるよう検討を進めたい」、「安心かつ快適に利用できる駐車場の位置、動線、構造、台数などに配慮して検討する。既存駐車場の集約、再編なども視野に入れた活用方策や仕組みづくりの検討を進めていきたい」と答えました。
 新市庁舎建設費に合併特例債を充てる計画に関して、同債の活用状況と今後計画されている事業への充当額、新市庁舎建設への充当可能額についての質問(新風)には、「25年度末発行見込みは164億8,000万円。現時点での予定で実施計画ベースの数値では都市再生事業を除き75億4,000万円。同事業に当たっての充当可能額は標準事業分で約90億円」と答弁。
 また、都市再生基本計画で検討するとしている中央大通沿いの再開発事業に関して、「具体的な計画が見えない。民間による再開発事業の実現に向けて 市はどのような協力を行っていくのか」との質問(公明党)には、「どのような事業手法や機能の導入が都市再生事業の目的を達成する上で最適なのかを検討しながら、民間による事業化がスムーズに運ぶよう協力していく」と答えました。
 

 

代表質問 通告内容

1. 市民・連合クラブ 飯田 修司 議員
  1. 市長の政治姿勢について …  (1) これまでの市政を振り返って、(2) 議会の対応
  2. 公約について
  3. 市政執行方針について
  4. 教育行政方針について
  5. 中期財政計画・行財政改革推進計画・新事業について
  6. 都市再生整備事業について
  7. 生活保護について
  8. 福祉灯油について
2. 日本共産党 菊池 豪一 議員
  1. 市長の政治姿勢について … (1) 特定秘密保護法、(2) 安倍政権の経済政策、(3) 地域内経済循環
  2. 市民のくらしを支える市政について
  3. 都市再生事業について
3. 新風 亀田  博 議員
  1. 自治区の振興と連携について
  2. 市庁舎について
4. 公明党 斎藤 昭利 議員
  1. 市政執行に臨む市長の姿勢について … (1) 人口減少と少子高齢化への対応、(2) 信頼される市政の推進
  2. 都市再生整備事業について
  3. 公共施設マネジメントの推進について
  4. まちづくり基本条例について
5. 会派みらい 高橋 克博 議員
  1. 市政執行方針と公約について
  2. 都市再生整備事業について
  3. 地域コミュニティについて
  4. スポーツの振興について
     

 

一般質問 通告内容

1. 水上 美華 議員(市民・連合クラブ)
  1. 都市再生整備事業について
  2. 市役所窓口改革について
2. 浦西 孝浩 議員(市民・連合クラブ)
  1. 特別支援教育の指針に基づく具体的な取り組みについて
  2. 障がい福祉施策について … (1) 療育相談体制、就労支援

3. 熊谷  裕 議員(日本共産党)

  1. 産業振興について … (1) 地域材の利用促進、(2) 中小企業振興と新産業創出、(3) 自然エネルギー
  2. 雇用の拡大・改善について … (1) 就労支援、地元企業の雇用支援、(2) 設計労務単価の引き上げ
  3. 住宅省エネ・バリアフリー化改修費助成金について
  4. 福祉灯油について
  5. 教育について … (1) 学力テスト学校別結果公表、(2) 学校図書館司書配置、(3) 高校生への給付型奨学金
4. 中崎 孝俊 議員(会派みらい)
  1. 仁頃振興策について
  2. 地域医療について
  3. 公の施設と指定管理者について
5. 長南 幸子 議員(市民・連合クラブ)
  1. 市政執行方針について … (1) 都市再生整備事業・2拠点1軸、(2) 子育て支援、(3) 市民活動・ボランティア活動の推進
  2. 教育行政方針について … (1) 学校教育の充実、(2) 社会教育の充実
6. 合田 悦子 議員(公明党)
  1. 青少年のネット依存対策について
  2. 若年層の労働状況実態調査について
  3. 子ども・若者総合サポートシステムについて
  4. 住民協働組織の政策について
  5. 地域の安全・安心対策について
  6. 読書通帳について
     

 

 

3.都市再生整備特別委員会 中間報告

大通ビル隣接地での市庁舎整備など方向性了承

 1月の都市再生整備特別委員会において、都市再生事業の核となる市庁舎整備を中心とする「複合交通・地域交流拠点の方向性」(市長提案)について、一定の結論が見出されたことから、第1回定例市議会の冒頭で金田正信委員長がその内容及び4年間の任期中の審議経過について報告しました。その概要は下記〔1〕の通り。このうち1月の同委員会の「まちきた大通ビル周辺整備にかかわる最終報告と今後の方向性についての委員会としての結論」に係る報告の抜粋は下記〔2〕の通り。


〔1〕 報告概要
  1. 都市再生基本計画、中心市街地活性化基本計画策定まで

    1. 改選前
       (平成22年2月)北見赤十字病院建設に関する覚書の締結
       (平成22年3月)【定例会本会議】市役所位置を大通西3丁目に変更する条例改正の修正案可決(特別多数議決)

    2. 平成22年6月16日
       改選前の状況変化を踏まえた「都市再生基本構想の見直し」(小谷市長の表明)⇒了承
        (1) 市庁舎の全敷地を日赤改築の計画検討対象とする
        (2) 大通西3丁目を本庁舎とし駐車場ビル隣接地の活用も含め検討を進める

    3. 平成22年8月6日
       災害時支援庁舎の中央公園への配置(小谷市長の表明)
       …以降、配置計画の考え方について2回開催(8月24日、8月31日)
        ⇒専門家の意見を前提に都市再生基本計画へ位置づけることを了承

    4. 平成22年10月1日
       (1) 駐車場ビル隣接地の取得を断念
       (2) バスレーン上部への新立体駐車場建設を表明
        ⇒基本計画に盛り込むべく事業推進することを了承

    5. 平成22年10月29日
       都市再生基本計画案の提案 ⇒了承
       (災害時支援庁舎の配置に関する専門家の意見聴取は継続)

    6. 平成22年12月22日
       北見市中心市街地活性化基本計画案の提案 ⇒了承
        (平成23年1月)同基本計画を国に申請 ⇒平成24年3月25日承認

  2. 平成24年11月執行の「市長選挙」まで

    1. 平成23年6月14日
       災害時支援庁舎整備に関する意見交換会結果(専門家の意見集約)
        ⇒専門家は判断しないとの意見集約結果から、委員会として可否決定に至らず
        (平成23年8月)【臨時会本会議】市役所位置を大通西2丁目に変更する条例改正案可決(特別多数議決)
        (平成23年12月)まちきた大通ビル耐震改修基本設計委託の発注(納期:平成25年3月まで)

    2. 平成24年6月26日
       新立体駐車場の基本調査(中間報告)
        ⇒概算事業費圧縮の3案が示されるも、納品前の報告であることが判明し審議打ち切り

    3. 平成24年7月30日
       災害時支援庁舎にかかわる中央公園等の都市計画変更の報告
       (都市計画審議会に対し公園廃止の代替性を示せないままに委員の任期切れとなった)

  3. 櫻田市長就任後

    1. 平成25年1月24日
       【臨時会本会議】櫻田市長が所信表明で「新立体駐車場と災害時支援庁舎の見直し」を表明

    2. 平成25年2月25日
       (1) 都市計画審議会における災害時支援庁舎の中央公園への配置取り下げの報告
       (2) まちきた大通ビル基本設計(基本設計で終了)
       (3) 新立体駐車場基本調査の結果(平成24年6月時点と同程度の事業費と報告)

    3. 平成25年3月29日
       都市再生事業に係る今後の課題の報告
         ⇒ビル活用方法等の現計画の検証を行い、課題解決の検討を進めていくことに決定
        (平成25年5月)(株)まちづくり北見から「回答書」が提出される
        (平成25年6月)北見商工会議所から「要望と提案」が提出される
        (平成25年7月)【定例会本会議】「まちきた大通ビル周辺調査費」の補正予算可決

    4. 平成25年9月20日
       大通廉売商業組合からの「要望書」提出(平成25年8月)の報告

    5. 平成25年10月10日
       (1) 廉売組合員の所有地及び隣接民有地の取得に向けて検討すること
       (2) 土地開発公社に用地交渉等を依頼すること
         ⇒それぞれ了承
        (平成25年11月)まちきた大通ビル周辺調査結果の成果品納品

    6. 平成25年12月20日・27日
       (1) 都市再生事業における課題の検証結果
       (2) 隣接地を活用した市庁舎計画の検討(5案)について質疑、次回市長の最終報告を求めることに決定

    7. 平成26年1月17日
       複合交通・地域交流拠点の方向性について(市長より提案)
        ⇒質疑を了する

    8. 平成26年1月24日
       複合交通・地域交流拠点の方向性について(市長提案に対する委員会としての結論)
        ⇒意見集約の結果、賛否が6対6の同数のため、委員長裁定により市長提案を了承することに決定


〔2〕 まちきた大通ビル周辺整備にかかわる最終報告と今後の方向性についての委員会としての結論(報告抜粋)

 1月17日の委員会で、市長からは、経過や議決の重み、コーディネーターの意見などを踏まえ現在の都市再生基本計画を変更し、大通西3丁目の隣接地の活用による新たな市庁舎整備の考え方で都市再生事業を進めることが適当と判断したとの表明がありました。
 また、新たな方向性として、大きなフレームという考え方で進めることとし、都市再生基本構想の2拠点1軸の考え方を基本とした4項目を「基本理念」として掲げ、これを踏まえた「基本的な考え方」を整理。さらに、それぞれの機能の主な整備方針として、市庁舎及びまちきた大通ビルの整備、また駐車場及び交通計画について具体的方針を掲げ、大きく市庁舎ゾーン、商業・地域交流ゾーン、複合交通ゾーンと位置づけした中で、これらを囲む大きなフレームとして定めることとし、今後基本理念や基本的な考え方、整備方針等に沿って詳細を検討し、当委員会の意見も踏まえた中で、都市再生基本計画を見直すとともに、市民にも丁寧な説明により理解を得ながら事業を進めていきたいとの考え方のほか、合併特例債の期限内での都市再生事業完了に向け、議会の理解と協力が得られるよう全力を挙げて進めなければならないとの思いが述べられました。
 委員会は、これら市長の表明内容に対する質疑の後、翌週1月24日の委員会で、各委員の意見集約を行いましたが、賛成・反対が同数となったことから、委員長裁定により、市長提案を了承することに決定し、事業完遂に向けて大きな前進をみました。
 今後の都市再生事業推進にかかわる諸課題の整理については、改選後の新たな市議会においての審議に委ねることとなります。理事者においては、当特別委員会での審議過程での質疑応答の内容等についても十分留意され、着実かつ最良な事業展開を求めるとともに、新北見市の最重要課題である本事業の完遂に向けて市民の負託に応えるべく、より一層努力されることを期待いたします。


 

4.第1回定例会 可決された主な議案

平成26年度一般会計688億円、副市長再任を同意

平成26年度一般会計予算

 平成26年度一般会計予算は688億2,000万円(前年度当初予算比2.1%増)、全会計総額は1,113億1,142万円(同4.4%増)。一般会計予算の主な事業は次の通り。

  • 窓口支援システム構築事業費(2,400万円)、公共施設マネジメント推進事業費(1,200万円)、東相内公共施設複合化整備事業費(2,370万円)、福祉総合相談システム構築事業費(1億4,660万円)、北見赤十字病院改築支援事業費(13億1,654万円)、北見廃棄物処理施設整備事業費(2億7,217万円)、木造木質化推進対策事業費(106万円)、観光案内所運営経費(489万円)、防犯灯設置費助成等経費(1億383万円)、都市再生整備推進費(2,691万円)、道路橋りょう維持管理費(4億9,728万円)、住宅省エネバリアフリー化改修費助成事業費(1,020万円)、仮称・末広団地建設事業費(490万円)、留辺蘂小学校改築事業費(2,502万円)、中央図書館建設事業費(6億2,934万円)、ピアソン記念館100年記念事業費(100万円)、放課後児童健全育成事業費(1億42万円)、屯田の杜公園整備事業費(1億8万円)、市民温水プール建設事業費(19億2,805万円)
     

 

平成25年度一般会計補正予算

 31億5,855万円の追加で、総額は716億4,207万円。補正予算の主な内容次のとおり。

  • 端野小学校改築事業費(5億6,281万円)、緑小学校・北光小学校改修事業費(耐震改修、5億4,800万円)、市営住宅改善事業費(1億1,934万円)、水産基盤整備事業費負担金(常呂漁港、1億904万円)、北見医師会看護専門学校運営補助金(2,121万円)、除雪関連委託費(2億2,106万円)
     

 

国民健康保険条例の一部改正

 医療費の動向や被保険者数の見込みなどを踏まえ、平成26年度から保険料率を引き上げるもの。
 

 

副市長の選任

 塚本 敏一氏(再)
 

 

教育委員会委員の任命

 佐藤 宣秀氏(再)、横岡良志恵(再)
 

 

公平委員会委員の選任

 高木 俊則氏(再)
 

 

監査委員の選任

 伊東 隆志氏(再)
 

 

人権擁護委員候補者の推薦

 田中 順子氏(再)、原 勝三氏(再)、村本 慧乃氏(再)、竹村 直子氏(新)
 

 

北見市オンブズマンの委嘱

 木戸 和志氏(再)
 

 

昨年第4回定例会からの継続審査案件
  • 暴力団排除条例の制定
     暴力団の排除を推進し、安全で平穏な生活の確保や社会経済活動の健全な発展に寄与することを目的に、暴力団の排除に関し、基本理念、市・市民・事業者の責務、市の取り組みなどを定めるもの。
  • 下水道条例の一部改正
     下水道審議会の答申の趣旨を踏まえ、安定的な財政基盤を確立し持続可能な下水道事業を構築するため、10月から下水道料金を3.9%値上げするもの。
     

 

可決された意見書(要望事項抜粋)

■「手話言語法」の制定を求める意見書
  •  手話が音声言語と対等な言語であることを広く国民に広め、聞こえない子供が手話を身につけ、手話で学べ、自由に手話が使える環境、さらには手話を言語として普及、研究することのできる環境の整備を目的とした「手話言語法(仮称)」を制定すること。
■微小粒子物質(PM2.5)に係る総合的な対策の推進を求める意見書
  1. PM2.5の発生源の実態や構成成分の解明をした上で、法律に基づく国民にわかりやすい注意発令の仕組みを整備するとともに、環境基準を維持できるよう国内外の発生抑制対策を推進すること。
  2. 国と地方公共団体との連携を強化し、情報共有を図りながら、モニタリング体制の整備を推進すること。
  3. PM2.5による肺機能や呼吸器系症状等への健康影響に関する調査研究を進めるとともに、研究結果に基づく指針等の見直しについて、速やかに実施できる体制を整備すること。
     

 

5.第1回臨時会

除雪対策費2億円追加、一般会計補正

 第1回臨時市議会が1月24日開かれ、平成25年度一般会計補正予算議案と報告案件を原案通り可決・承認し閉会しました。 一般会計補正予算は2億2,455万円の追加で、総額は684億8,352万円。補正の内容は、除雪対策費(2億2,103万円)、消費税の引き上げに伴う臨時福祉給付金及び子育て世帯臨時給付金経費(160万円)。
 

 

6.第2回臨時市議会

高橋議長、飯田副議長を選出

常任委員会の構成なども決定し、新議会がスタート

 議員改選(定数2減、28人)されてから、初の議会となる第2回臨時市議会が4月21日開かれ、議長に高橋克博議員、副議長に飯田修司議員を選出したほか、常任委員会の構成などを決定、新市議会がスタートしました。
 開会に先立ち、最年長の鑓水欽三議員が臨時議長を務め、全議員、理事者が自己紹介。開会したのち、櫻田真人市長が議員改選後初の議会開催に当たりあいさつ。社会教育・北見赤十字病院の施設整備、都市再生事業などを挙げ、「今年がまちづくりの再生スタートの年、さらなる飛躍の年。市民の期待に応え、将来の北見を背負う次の世代への責任を果たし、中核都市としてオホーツク圏の未来に貢献していくために全身全霊を傾け市政執行に当たる」と決意を述べました。
 このあと、議長選挙を行った結果、高橋克博議員が初当選(25票)。以降、高橋議長が議事を進めました。議席を指定し、会期を1日間と決めて行った副議長選挙では、飯田修司議員が初当選(23票)。新任の正副議長が登壇し、代表して高橋議長が就任に当たり抱負を述べました。
 続いて、総務教育・福祉民生・産業経済・建設企業の4つの常任委員会と議会運営委員会の委員と委員長、北見地区消防組合議会議員を選任しました。
 引き続き、市長提出の議案審議に入り、監査委員(議会選出)に沢合正行議員を選任することに同意、委託契約の締結(行政情報システム整備業務委託)を可決、北見市税条例の一部改正など報告2件(専決処分)を承認。北見市景観条例の制定議案は、建設企業常任委員会に付託し閉会中に審査することとしました。
 最後に議員提案の都市再生整備特別委員会の設置に関する決議を可決、委員と委員長を選任し、閉会しました。
 

 

議長・副議長 就任ごあいさつ

正副議長

市の発展、より良い市民生活のために 議会の活性化、運営向上に全力傾注

 栄誉ある北見市議会の正・副議長に選任を賜り、心からお礼を申し上げますとともに、改めてその職責の重さに身の引き締まる思いでございます。
 これからの北見市の発展と、12万市民のより良い市民生活の実現のため、常に公正・公平を心がけながら円滑な議会運営に努めるとともに、議会のさらなる活性化や議会運営の向上に向け、副議長ともども全力を傾注してまいる所存でございます。
 議会と執行機関は、それぞれ独立・対等の立場でありますが、市民一人ひとりが幸せに安心して暮らせるまちづくりを進めるという共通の目的に向かって、今後も共に研さんをしながら市民の負託に応えていかなければならないと考えておりますので、皆様のご理解とご協力を切にお願い申し上げる次第であります。
 

 

7.新しい議会構成

委員会等(◎委員長、○副委員長)

  • 総務教育常任委員会(7名)
     ◎亀田 博、○堀川繼雄、鑓水欽三、川島章則、金田正信、菊池豪一、森谷隆文
  • 福祉民生常任委員会(7名)
     ◎浦西孝浩、○松谷隆一、田村淑江、高橋克博、小川清人、熊谷 裕、加城博志
  • 産業経済常任委員会(7名)
     ◎伊藤徳三郎、○水上美華、真柳正裕、安藤憲彦、飯田修司、鈴木建夫、合田悦子
  • 建設企業常任委員会(7名)
     ◎隅田一男、○斎藤昭利、宮沢祐一郎、表 宏樹、沢合正行、中崎孝俊、森部浩司
  • 議会運営委員会(5名)
     ◎真柳正裕、○表 宏樹、亀田  博、水上美華、沢合正行
  • 都市再生整備特別委員会(11名)
     ◎金田正信、○隅田一男、鑓水欽三、真柳正裕、亀田  博、小川清人、浦西孝浩、菊池豪一、堀川繼雄、松谷隆一、斎藤昭利
     
  • 監査委員  沢合正行
     
  • 北見地区消防組合議会議員(10名)
     宮沢祐一郎、田村淑江、小川清人、隅田一男、伊藤徳三郎、菊池豪一、中崎孝俊、鈴木建夫、 斎藤昭利、加城博志
     
  • 広報編集委員会(11名)
     ◎合田悦子、○田村淑江、川島章則、伊藤徳三郎、熊谷 裕、中崎孝俊、鈴木建夫、森部浩司、加城博志、森谷隆文、議会事務局長

 

会派構成

  • 市政クラブ
     宮沢祐一郎、鑓水欽三、真柳正裕、亀田 博、安藤憲彦、田村淑江、高橋克博
  • 市民・連合クラブ
     小川清人、表 宏樹、隅田一男、浦西孝浩、水上美華、川島章則、飯田 修司
  • 新生クラブ
     沢合正行、金田正信、伊藤徳三郎
  • 日本共産党
     菊池豪一、熊谷 裕
  • 会派 創
     堀川繼雄、中崎孝俊
  • 市民クラブ
     松谷隆一、鈴木建夫
  • 公明党
     斎藤昭利、合田悦子
  • 新党大地
     
    森部浩司
  • 新しい風 北見
     加城博志
  • かけはし
     森谷隆文

 

新しい北見市議会議員

(3月23日改選、議席番号順、年齢は4月21日現在)

亀田 博 議員
1.亀田  博(59)
田村 淑江 議員
2.田村 淑江(53)
安藤 憲彦 議員
3.安藤 憲彦(61)
斎藤 昭利 議員
4.斎藤 昭利(54)
合田 悦子 議員
5.合田 悦子(60)
森谷 隆文 議員
6.森谷 隆文(38)
加城 博志 議員
7.加城 博志(48)
川島 章則 議員
8.川島 章則(60)
高橋 克博 議員
9.高橋 克博(57)
真柳 正裕 議員
10.真柳 正裕(65)
堀川 繼雄 議員
11.堀川 繼雄(69)
中崎 孝俊 議員
12.中崎 孝俊(59)
熊谷 裕 議員
13.熊谷  裕(60)
菊池 豪一 議員
14.菊池 豪一(59)
鈴木 建夫 議員
15.鈴木 建夫(60)
松谷 隆一 議員
16.松谷 隆一(58)
水上 美華 議員
17.水上 美華(32)
浦西 孝浩 議員
18.浦西 孝浩(58)
宮沢 祐一郎 議員
19.宮沢祐一郎(67)
鑓水 欽三 議員
20.鑓水 欽三(77)
伊藤 徳三郎 議員
21.伊藤徳三郎(70)
金田 正信 議員
22.金田 正信(74)
沢合 正行 議員
23.沢合 正行(62)
森部 浩司 議員
24.森部 浩司(50)
隅田 一男 議員
25.隅田 一男(60)
小川 清人 議員
26.小川 清人(70)
表 宏樹 議員
27.表  宏樹(67)
飯田 修司 議員
28.飯田 修司(55)

 

 

.議会広報

傍聴のご案内

~ 皆様の生活にかかわる議会審議を見てみませんか ~

 北見市議会では、本会議・委員会を公開しております。興味のある問題はもちろんですが、議会審議の様子を間近でご覧いただくことで、普段あまり関心のなかった問題なども身近に感じられるのでは…。
 個人の方だけでなく、グループ・団体での傍聴も大歓迎です。皆様の傍聴をお持ちしております。

 

議会を傍聴するには

 本会議・委員会は、まちきた大通ビル(コミュニティプラザ・パラボ)6階の議場・委員会室で行います。
 傍聴席(本会議)・各委員会室に入る前に、傍聴人名簿(単票)に氏名・住所(団体の場合は代表者氏名、住所、人数)等を記載し、受付箱に投函してください。
 傍聴人名簿は、各会場の傍聴席入口に設置しております。
  ※ 会議開催場所は、まちきた大通ビル6階・議会入口横の掲示板でご確認ください(北見市議会ホームページでもご案内しております)。
 

 

 

議会広報

  • 市議会ホームページ
    •  市議会ホームページには、議会日程、インターネット中継(詳細は下記)、会議録(検索システム)、データライブラリー、傍聴等の案内、請願・陳情の仕方などを掲載しています。会議録検索システムでは、本会議(定例会・臨時会)及び予算・決算委員会の内容を検索できます。
       
  • 議会インターネット中継(本会議のみ)
    •  北見市議会では、本会議(定例会・臨時会)のインターネット中継を実施しております。ご自宅などのパソコンで「ライブ中継」や「録画映像」を視聴することができます。ぜひご利用ください。
      • 【中継会議・区分】
         本会議(定例会・臨時会)/「ライブ中継」・「録画中継」
      • 【ライブ中継実施日】
         本会議開催日(北見市議会ホームページ「スケジュール」でご確認ください)
      • 【録画映像の公開】
         各定例会・臨時会閉会後14日以内(土日・祝日除く)に公開、公開期間約2年間
      • 【議会中継ホームページアドレス】
         http://www.discussvision.net/kitamisi/index.html
         (北見市議会ホームページのバナーをクリックすると、中継のページに進みます)
         「ライブ中継を見る」または「録画中継を見る」のボタンをクリックし、ご希望の会議映像をご覧ください。
         より詳しい利用方法は、ライブ・録画中継ページに掲載の「使い方」を参照願います。
         
  • 庁内モニター中継
    •  定例会の本会議と委員会(第1または第2委員会室)の模様を、まちきた大通ビル庁舎4階窓口前、6階市議会ロビー、各総合支所でモニター中継しています。
       
  • 議会だよりテープ
    •  北見市朗読赤十字奉仕団のご好意により「きたみ市議会だより」の内容を録音したカセットテープを、目の不自由な方に貸し出しています。市議会事務局のほか、市立中央図書館に置いています。
       

 

次回(平成26年第2回)定例会の予定

6月19日 本会議(提案説明)
6月25日~27日 本会議(代表質問・一般質問)
6月30日、7月1日 常任委員会(補正議案等の審査)
7月3日 本会議(常任委員会報告、討論・表決)

※ 日程は変更になることもあります。詳しくは議会事務局にお問い合わせください。
 

 

 

9.議会日誌

総務教育常任委員会

  • 1月17日
    • 北見市総合計画後期基本計画について
      第2次北見市ICT推進計画(案)について
      北見赤十字病院新病院建設に伴うバス停留所移設について
      バス運賃の改定について
      ワンストップサービス推進事業の進捗状況について
      公共施設マネジメントの取り組みについて
      還付加算金の未払いについて
      税務証明に係る手数料免除の整理について
      日本赤十字北海道看護大学と北見市教育委員会との連携協力に関する協定について
      端野小学校改築事業について
      学校給食費の見直しについて
  • 2月5日
    • 第6次実施計画について
      平成25年度北見市行政評価結果概要について
      行財政改革推進計画(後期)について
      行財政改革の主な取組と翌年度予算への財政効果額(推計)について
      中期財政計画について
      北見市土地開発公社の未利用土地について
      第4次定員適正化計画について
      暴風雪について
  • 2月20日
    • 付託議案審査4件
      私立幼稚園関係事務の移管について
      北見市立図書館の図書館システム移行に係る臨時休館について
       

 

福祉民生常任委員会

  • 1月16日
    • 付託議案の閉会中審査(平成25年第4回定例会「議案第5号」暴力団排除条例の制定 … 継続審査)
  • 2月4日
    • 住民自治推進交付金制度の検証について
      東相内公共施設複合化整備事業について
      付託議案の閉会中審査(平成25年第4回定例会「議案第5号」 … 採決)
  • 2月20日
    • 付託議案審査5件
      今後予定されている国民健康保険制度の改正について
      私立幼稚園関係事務の移管について
       

 

産業経済常任委員会

  • 2月20日
    • 付託議案審査2件
      第2次北見市産業振興ビジョン(案)について
       

 

建設企業常任委員会

  • 1月23日
    • 付託議案の閉会中審査(平成25年第4回定例会「議案第19号」下水道条例の一部改正 … 採決)
  • 2月4日
    • 北見市景観計画(素案)について
      北見市住宅マスタープランについて
      住宅省エネ・バリアフリー改修補助事業について
      地方公営企業会計制度の見直しについて
      緋牛内地区及び瑞穂地区簡易水道事業について
      下水道長寿命化計画について
  • 2月20日
    • 付託議案審査7件
      北見市橋梁長寿命化修繕計画について
       

 

都市再生整備特別委員会

  • 1月17日・24日
    • 複合交通・地域交流拠点の方向性について
  • 2月10日
    • 中間報告について(委員会報告)
       

 

議会運営委員会

  • 1月20日、24日
    2月10日、13日、19日、20日、24日、28日

     

 

議会改革等推進協議会

  • 2月13日
    • 議会改革協議項目について

 

 

 

お問い合わせ

議会事務局
議事課
電話:0157-25-1185
ファクシミリ:0157-23-7141