成人用肺炎球菌ワクチン定期接種

2017年10月2日

 北見市では予防接種法に基づき、対象の方に公費(一部負担)による「成人用肺炎球菌ワクチン予防接種」を実施いたします。

 予防接種法では、接種は義務ではありませんが、接種を希望される場合は、予防接種の効果と副反応についてご理解をされた上でお受けください。

 

対象者

 1.平成26年度から平成30年度 : 各年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方。

 2.60歳以上65歳未満の方で、心臓・腎臓・呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する、身体障害者手帳1級の方(身体障害者手帳を指定医療機関の窓口で提示してください)。

 

対象年齢 平成29年度対象となる方の生年月日
 65  昭和27年4月2日生~昭和28年4月1日生の方
 70  昭和22年4月2日生~昭和23年4月1日生の方
 75  昭和17年4月2日生~昭和18年4月1日生の方
 80  昭和12年4月2日生~昭和13年4月1日生の方
 85  昭和 7年4月2日生~昭和 8年4月1日生の方
 90  昭和 2年4月2日生~昭和 3年4月1日生の方
 95  大正11年4月2日生~大正12年4月1日生の方
100  大正 6年4月2日生~大正 7年4月1日生の方

対象の方であっても、過去に23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン(ニューモバックス)を1回以上接種したことがある方は対象外です。

 

接種費用

 自己負担額 2,500円

 ただし、生活保護受給世帯に属する方は、事前に保護課・各総合支所保健福祉課で「免除証明書」の交付を受けてお持ちいただくと、自己負担額が免除となります。

 

接種回数

 1回

 

接種を受ける際に必要な物

 〇健康保険証

 〇生活保護受給世帯に属する方は「免除証明書」

 〇60歳以上65歳未満の方で、対象者2に該当される方は「身体障害者手帳」

 〇平成29年3月末送付の個別通知ハガキ

 

指定医療機関 (平成29年10月2日現在)

H29 成人肺炎指定医療機関(10.2~)[PDF:72KB]

 

※ 事前に予約が必要な場合もありますので、直接医療機関にお問い合わせください。

 

 

肺炎球菌ワクチン

1.病気の説明

 肺炎球菌による肺炎は、成人肺炎の1/4~1/3を占め、特に高齢者での重篤化が問題になっています。

 

2.肺炎球菌ワクチンとは

 肺炎球菌には、93種類の型がありますが、ワクチンの接種により、肺炎球菌による肺炎の8割に効果があるといわれています。

 

3.肺炎球菌ワクチンの効果

 肺炎球菌に対する免疫ができると、肺炎にかかっても軽い症状で済む効果があります。

 

4.ワクチンの副反応

 副反応としては、注射部位の腫れや、痛み、熱感、発赤が5%以上認められる。

 筋肉痛、倦怠感、違和感、悪寒、頭痛、発熱もあるが、いずれも軽度で2~3日で消失します。

 

 

不明な点については、下記の担当課にお問い合わせください。

〇 北見市保健福祉部健康推進課   北見市北6条西2丁目(保健センター内) 0157-23-8101

〇 端野総合支所保健福祉課      北見市端野町二区471-1        0157-56-4005

〇 常呂総合支所保健福祉課      北見市常呂町字常呂323         0152-54-2114

〇 留辺蘂総合支所保健福祉課    北見市留辺蘂町上町61           0157-42-2426

 

お問い合わせ

健康推進課
総務係
電話:0157-23-8101