政治活動用ポスターの掲示禁止についてのお知らせ(知事・道議選挙)

2018年10月22日

  公職の候補者等(現職や客観的に立候補の意思を有しているものと認められる者も含みます)又は後援団体の政治活動のために使用される文書図画のうち次に掲げるポスターについては、公職選挙法の規定により、任期満了の日の6か月前から選挙の期日までの間、掲示することができません。(公職選挙法第143条第16項及び第19項)

  違反した者は、2年以下の禁錮又は50万円以下の罰金に処せられます。(同法第243条)

 

 1

公職の候補者等の政治活動のために使用される文書図画のうち候補者等の氏名又は氏名が類推されるような事項を表示する政治活動用ポスター

 2

公職の候補者等の後援団体の名称を表示する政治活動用ポスター

 

  北海道知事の任期満了日は平成31年4月22日、北海道議会議員の任期満了日は平成31年4月29日となっております。

  したがって、次回の北海道知事選挙及び北海道議会議員選挙に係る公職の候補者等は、北海道知事については任期満了の6か月前である平成30年10月22日から選挙の期日までの間、北海道議会議員については平成30年10月29日から選挙の期日までの間、上記1及び2のポスターの掲示をすることができません。

 また、上記禁止期間前に掲示された公職の候補者等や後援団体の政治活動用ポスターについても、次の点に注意が必要です。

◆その記載内容、掲示の態様等によっては、直接投票依頼の文言がなくても事前運動とみなされるおそれがありま  す。事前運動は罰則をもって禁止されていますので、十分な注意が必要です(1年以下の禁固又は30万円以下の罰金)。

◆上記禁止期間内に入ってもそのまま掲示されている場合、選挙管理委員会の撤去命令の対象となるものであり、その命令に従わないと処罰の対象となります(2年以下の禁固又は50万円以下の罰金)。

 

(例)事前運動とみなされるおそれのある演説会、座談会等の開催告知用ポスター

   特定の選挙の立候補予定者である旨、特定選挙区の者である旨、政党等の公認である旨等を記載したもの

   演説会等の開催予定が全くないもの

   演説会等の開催予定日、場所から異常に早い時期又は異常に離れた場所に掲示されたもの

   演説会等終了後も長期間にわたって掲示しておくもの

   ポスターの大きさが必要以上に大きいもの

   ポスターの掲示枚数が大量であるもの

 なお、これらの規定違反により処罰されると、公民権停止の対象となり、停止期間中は投票することも立候補することもできず、また選挙運動をすることもできません。

お問い合わせ

選挙課
電話:0157-25-1191
ファクシミリ:0157-61-7400