「山の水族館を核にした北見市の観光開発」が第7回日本マーティング大賞において地域賞を受賞

2015年4月28日

第7回日本マーケティング大賞

「山の水族館を核にした北見市の観光開発」が地域賞を受賞

「日本マーケティング大賞」は、厳しい経済環境の中でも、企業組織における新しいマーケティングやコミュニケーションの手法、

もしくはビジネスモデルの開発を積極的に促すことで、消費者の生活の向上と経済・社会の活性化に資する活動を奨励し、

マーケティングのプレステージを高めることを目的としており、2009年に第1回を実施、今年度は第7回目の開催となります。

 

その中で優れたマーケティング・プロジェクトに加えて、経営資源が地域にあること、地域活性化に資すること、

地域の特徴を活かした事業であることを条件とした「地域賞」に、「山の水族館を核にした北見市の観光開発」が選出されました。

 

山の水族館関連の事業が受賞するのは「第4回地域再生大賞 北海道・東北ブロック賞」「第9回まち交大賞 国土交通大臣賞」に続き、3度目となります。

 

平成27年5月26日には東京で表彰式が開催される予定です。

 

詳細に関しましては別添のプレスリリースをご覧ください。

プレスリリース(360KBytes)

 

問い合わせ先

日本マーケティング大賞について

 公益社団法人 日本マーティング協会 担当:服部・竹原

 〒106-0032

 東京都港区六本木3-5-27 六本木YAMADAビル 9F

 TEL:03-5575-2101 / FAX:03-5575-0626

 

山の水族館(愛称:北の大地の水族館)について

 果夢林ショップ運営協議会(指定管理者)

 〒091-0153

 北見市留辺蘂町松山1番地4 道の駅「おんねゆ温泉」内

 TEL:0157-45-3373 / FAX:0157-45-3374

地図

関連ワード