「ところ遺跡の森」便り

2017年5月1日

 「ところ遺跡の森」便りは北見市常呂自治区内で市報に折込で配布されている社会教育情報内に毎号掲載しているものです。
 イベント案内をはじめ、考古・自然など「ところ遺跡の森」に関連する情報を毎月お届けしています。
 (毎月初め更新予定。ここに掲載したものは、写真・文章は当初掲載時のものから一部変更している場合があります。)

バックナンバーはこちら

2017年5月号

~ところ文庫 第33巻 刊行

 常呂町郷土研究同好会は、30年以上にわたって郷土の自然、歴史、文化を後代に伝える活動をおこなっている団体で、

毎年、常呂地域についての色々なテーマを扱った「ところ文庫」の刊行をおこなっています。

 平成28年度には「ところ文庫」第33巻「常呂歴史物語II-入植編-」(1冊500円)が刊行されました。

 第33巻では、常呂の入植地選定から開拓初期の生活についての詳細が紹介されています。特に開拓初期、入植後の

生活や当時の常呂についてわかりやすく丁寧に解説しているため、常呂の郷土史を学ぶのに最適な本となっています。

 既刊分も含めた「ところ文庫」の販売は遺跡の館の受付でも取り扱っておりますので、お気軽に声をおかけ下さい。ところ文庫 33

 

 

お問い合わせ

北見市教育委員会常呂教育事務所
ところ遺跡の森

〒093-0216
北海道北見市常呂町字栄浦371番地
電話:0152-54-3393
FAX:0152-54-3538