消費者行政に関する市長メッセージ

2018年3月19日

消費者行政に関する市長メッセージ

北見市の消費者行政の取組みについて

 

 

 近年、私たちを取り巻く環境は、インターネットやスマートフォンの普及による高度情報化、サービスの多様化等により、ゲーム利用を含むネットビジネスの利用者の増加や低年齢化が進むなど、それに伴い、消費者トラブルも多様化・複雑巧妙化しております。また、高齢者を狙った、オレオレ詐欺などの特殊詐欺被害が全国的にも後を絶たない状況が続いております。

本市におきましても市民の安全・安心を図るため北海道消費者行政推進事業交付金を活用し、多様な消費相談に応えられるよう各種研修会への参加による相談員の資質向上と消費相談体制の充実・強化を図っております。さらに特殊詐欺等に関する情報提供や各種啓発イベントの開催、出前講座等による啓発活動により消費者被害の未然防止に努めております。
また、平成29年4月1日からは、「北見市消費生活センター」において置戸町、訓子府町と消費相談業務の支援協定を締結するなど、更なる相談体制の充実と強化を図っております。

今後も引き続き市民に対する情報発信や正しい消費者知識についての啓発活動など、積極的に消費者行政事業の実施に努めてまいる所存であります。

 

                                                             平成30年3月  北見市長 辻    直 孝