私たち「北見市移住コンシェルジュ!!」(地域おこし協力隊)

2018年8月9日

♦協力隊の活動はこちらをクリック!! 移住のご相談はコンシェルジュにお任せください!

移住コンシェルジュによる「北見の暮らし1DAY見学ツアー」 毎日実施中!

1DAYちらし - コピー

 

【実施期間】 「毎日」(年末年始12/31~1/5は除く)
 

【対象者】 北見市外に居住する方で移住・定住に興味のある方!
 

【内容】 私たち「移住コンシェルジュ」がお客様のニーズに合わせたコースを巡り、さまざまな情報を提供いたします!!

 

詳細はこちらから⇒【移住コンシェルジュによる】北見の暮らし1DAY見学ツアー

 

「北見市地域おこし協力隊 facebook 」

北見市地域おこし協力隊によるfacebookをぜひご覧ください!

北見市の魅力や、私たちの活動を発信しています!!

「地域おこし協力隊facebook」はこちらから

   協力隊facebookアイコン

 

◆~移住コンシェルジュのご紹介~

≪井尻 令子≫

ijiri

 【前住所】 千葉県千葉市

    【趣味・特技】 カラオケが大好きです。パソコンインストラクターの仕事もしていましたが、難しい説明をイメージしやすい言葉に置き換えるのが得意です。

    【これからしたい事】 カメラを買って、「いつか多くの人を感動させられる北海道写真が撮れますように」と夢見ています。

意気込み

2017年7月より地域おこし協力隊に着任しました井尻令子です。

北海道紋別郡湧別町出身、にぎやかさを求め関東生活を選択し、26年過ごしてきました。

2017年6月まで千葉県千葉市に住んでおりましたが、千葉駅周辺のシンボル的大型商業施設がこの1年で2つ閉店しました。

東京都葛飾区柴又にも8年住んでいたことがありますが、寅さんで有名な柴又帝釈天参道も後継者不足が深刻で、

だんだんとシャッターが降りたままの店が増え、観光バスも来なくなりひっそりとしてしまいました。

千葉市でも柴又でも、そこに住みながら少子高齢化による街の衰退を目の当たりにし、

「このままでは本当に日本人がいなくなってしまうのではないか。

地方を活性化しないと人口減少問題は解決しないという街頭演説をよく聞く。

実家のある北見へ帰ってできることはないだろうか?」という危機感を持ち、北見へ戻ってきました。

私のできることは小さなことですが、チリも積もれば山となります。

試してください、個人の力。合わせましょう、地域の力。どうぞよろしくお願いいたします。

 

◆地域おこし協力隊とは

 地域おこし協力隊は、人口減少や過疎、高齢化が進む地域において、都市圏などに住む地域外の人材を誘致し、一定期間地域協力活動に従事していただくとともに、

その定住及び定着を促進し、地域の活力の維持と向上を図る事業です。

 

お問い合わせ

企画政策課/行評・行革/総合計画
電話:0157-25-1103
ファクシミリ:0157-24-1101