介護保険で受けられるサービス

2011年3月16日

  ■介護サービス ■介護予防サービス
要介護1から要介護5の方が利用できます。 要支援1・2の方が利用できます。
居宅サービス 訪問介護
訪問入浴介護
訪問看護
訪問リハビリテーション
居宅療養管理指導
通所介護(デイサービス)
通所リハビリテーション(デイケア)
短期入所生活介護(ショートステイ)
短期入所療養介護(ショートステイ)
福祉用具貸与
特定福祉用具販売
住宅改修
特定施設入居者生活介護
介護予防訪問介護
介護予防訪問入浴介護
介護予防訪問看護
介護予防訪問リハビリテーション
介護予防居宅療養管理指導
介護予防通所介護(デイサービス)
介護予防通所リハビリテーション(デイケア)
介護予防短期入所生活介護(ショートステイ)
介護予防短期入所療養介護(ショートステイ)
介護予防福祉用具貸与
介護予防特定福祉用具販売
介護予防住宅改修
介護予防特定施設入居者生活介護
施設サービス 介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
介護老人保健施設
介護療養型医療施設
※要支援の方は施設サービスを利用できません。
地域密着型サービス 認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)
小規模多機能型居宅介護
認知症対応型通所介護
(認知症対応型デイサービス)
地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護
(小規模な特別養護老人ホーム)
地域密着型特定施設入居者生活介護
夜間対応型訪問介護
定期巡回・随時対応型訪問介護・看護
看護小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)
小規模多機能型居宅介護
認知症対応型通所介護
(認知症対応型デイサービス)

 

■介護サービス

 

居宅介護サービス
訪問介護 利用者の自宅を訪問して、身体の介護や生活の援助を行うサービスです。
ホームヘルパー(訪問介護員)が、食事や排せつの介助、衣服の着脱や身体の清拭などの身体介護や掃除、洗濯などの生活援助を行います。
訪問入浴介護 看護職員や介護職員が家庭を訪問し、居室内に浴槽を運び込み、入浴サービスを提供します。
訪問看護 主治医の指示に基づき、看護師や保健師が自宅を訪問し、健康チェックや療養の世話・助言などを行うサービスです。
訪問リハビリテーション 理学療法士や作業療法士等が自宅を訪問して機能訓練などを行うサービスです。
居宅療養管理指導 医師や歯科医師、薬剤師等が訪問し、療養するうえでの指導や助言をするサービスです。
通所介護
(デイサービス)
デイサービスセンターに通所し、食事や入浴、健康チェック、リハビリなどを受けるサービスです。
通所リハビリテーション
(デイケア)
介護老人保健施設、病院、診療所に通所し、食事や入浴、機能訓練(リハビリ)を受けるサービスです。
短期入所生活介護
(ショートステイ)
家庭における介護が一時的に困難になったときなどに、介護老人福祉施設に短期間入所し、食事や入浴などの日常生活の介護やレクリエーション等を受けるサービスです。
短期入所療養介護
(ショートステイ)
介護老人保健施設、病院、診療所に短期間入所し、医師や看護師、理学療法士等から、医学的管理のもと、リハビリや日常生活の介護などのサービスを受けます。
福祉用具貸与 日常生活の自立を支援するため、車いすや特殊寝台などの福祉用具の貸与を受けるサービスです。
特定福祉用具販売 入浴や排泄などに使用する福祉用具は個人で購入し、あとから保険給付されることになります。
住宅改修 手すりの取り付けや段差解消など、自宅での生活支援や介護をする人の負担を軽減するサービスです。
特定施設入居者生活介護 介護保険の指定を受けた老人ホームや軽費老人ホーム等に入居し、食事、入浴、排せつなどに関わる介護やリハビリが受けられます。

 

施設介護サービス
介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)で、施設サービス計画に基づき、入浴、排せつ、食事の介護等、日常生活の世話、機能訓練等を行う施設です。
介護老人保健施設 介護老人保健施設は、利用者が自立した日常生活を営むことができるよう、日常生活動作のリハビリ等を行いながら、在宅生活復帰をめざす施設です。
介護療養型医療施設 介護療養型医療施設は、症状が落ち着いたものの専門的な治療が長期必要な方のための長期療養施設です。

 

地域密着型介護サービス
認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)
認知症高齢者が5〜9人で共同生活を送りながら、家庭的な雰囲気の中で介護職員による食事、入浴、排せつなどの介護を受けます。利用者がそれぞれ役割をもって家事をするなどして、認知症の症状の進行を緩和し、安心して日常生活が送れるようになることめざします。
小規模多機能型居宅介護 利用者の住み慣れた地域で主に「通い」を中心としたサービスを提供します。利用者の希望により自宅を訪問したり、利用者が宿泊することもできます、訪問や泊まりのサービスは通所でなじみのある職員により提供され、介護度が中重度となっても在宅での生活が継続できるように支援されます。
認知症対応型通所介護
(認知症対応型デイサービス)
認知症の方を対象とした通所介護(デイサービス)です。特別養護老人ホーム、認知症対応型グループホームなどの共有スペースなどを活用し、通所介護が提供されます。少人数で家庭的な雰囲気のなか、通所により入浴、食事介助、リハビリやレクリエーションなどをして過ごします。
地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護(小規模な特別養護老人ホーム) 定員29人以下の小規模で運営され、入浴、排せつ、食事の介護等、日常生活の世話、機能訓練等を行う施設です。
地域密着型特定施設入居者生活介護 定員29人以下の小規模で運営される有料老人ホーム等介護専用型特定施設です。少人数の入居者に対し、特定施設入居者生活介護と同様のサービスが提供されます。
夜間対応型訪問介護 夜間の定期的な巡回による訪問介護サービスに加え、随時、利用者の求めに応じて24時間安心して生活できるよう、利用者の通報に応じて調整・対応するサービスです。
定期巡回・随時対応型訪問介護・看護 日中・夜間を通して、一つの事業所から訪問看護と訪問看護の定期巡回・随時対応を行います。
看護小規模多機能型居宅介護 要介護度が高く、医療ニーズの高い高齢者に対応するため、小規模多機能型居宅介護のサービスに加え、必要に応じて訪問看護を行います。

 

■介護予防サービス

 

居宅介護サービス
介護予防訪問介護 利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を営むことができるよう、入浴や排せつ、食事の介護などを行い、利用者の状態の改善、要介護状態になることを予防します。
介護予防訪問入浴介護 感染症等の理由などにより、他の施設での入浴が困難なときに、浴槽を持ち込んで入浴サービスを提供します。
介護予防訪問看護 疾患等を抱えている要支援者で、生活機能の向上(身の回りのできることを増やす)のために在宅において看護師が介護予防を目的とした診療や療養上の管理・指導を行います。
介護予防訪問リハビリテーション 居宅での生活機能の向上させる訓練が必要な場合に、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が訪問により、短期集中的なリハビリを提供します。
介護予防居宅療養管理指導 生活機能の維持・向上を図るため、居宅において、医師等による医学的管理指導が必要なときに提供されるサービスです。
介護予防通所介護
(デイサービス)
生活機能の維持・向上のために、デイサービスセンターに通所して、入浴、食事等の介護やその他日常生活を支援するサービスを提供します。
介護予防通所リハビリテーション
(デイケア)
介護老人保健施設、病院、診療所に通所し、介護予防のために必要なリハビリ、食事・入浴等の介助やその他日常生活を支援するサービスを提供します。
介護予防短期入所生活介護
(ショートステイ)
家庭における介護が一時的に困難になったときなどに、介護老人福祉施設に短期間入所し、食事や入浴などの日常生活の介護やレクリエーション等を受けるサービスです。
介護予防短期入所療養介護
(ショートステイ)
介護老人保健施設、病院、診療所に短期間入所し、医師や看護師、理学療法士等から、医学的管理のもと、リハビリや日常生活の介護などのサービスを受けます。
介護予防福祉用具貸与 日常生活の自立を支援するため、手すりや工事をともなわないスロープ、歩行器、つえなどの福祉用具の貸与を受けるサービスです。
介護予防特定福祉用具販売 入浴や排泄などに使用する福祉用具は個人で購入し、あとから保険給付されることになります。
介護予防住宅改修 手すりの取り付けや段差解消など、自宅での生活支援や介護をする人の負担を軽減するサービスです。
介護予防特定施設入居者生活介護 介護保険の指定を受けた老人ホームや軽費老人ホーム等に入居し、食事、入浴、排せつなどに関わる介護やリハビリが受けられます。

 

地域密着型介護予防サービス
介護予防認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)
認知症高齢者が5〜9人で共同生活を送りながら、家庭的な雰囲気の中で介護職員による食事、入浴、排せつなどの介護を受けます。利用者がそれぞれ役割をもって家事をするなどして、認知症の症状の進行を緩和し、安心して日常生活が送れるようになることめざします。(要支援2の方のみ利用できます)
介護予防小規模多機能型居宅介護 利用者の住み慣れた地域で主に「通い」を中心としたサービスを提供します。利用者の希望により自宅を訪問したり、利用者が宿泊することもできます。
介護予防認知症対応型通所介護 認知症の方を対象とした通所介護(デイサービス)です。特別養護老人ホーム、認知症対応型グループホームなどの共有スペースなどを活用し、通所介護が提供されます。少人数で家庭的な雰囲気のなか、通所により入浴、食事介助、リハビリやレクリエーションなどをして過ごします。

 

お問い合わせ

介護福祉課
賦課・給付係
電話:0157-25-1144
ファクシミリ:0157-26-6323