ところ遺跡の森・考古学講演会のお知らせ【3月18日・終了しました】

2017年3月14日

考古学講演会「常呂遺跡と竪穴住居~東北地方の遺跡からみた北の古代文化~」を開催します。

 現在、ところ遺跡の森では古代人の竪穴住居の復元建物を建て替え工事中です。これに合わせて、年1回、各地から講師をお招きし、竪穴住居の時代の暮らしについ て新しい研究成果を交えてお話しいただく講演会を実施しています。

 今回は、東北地方の遺跡で行われている調査や復元の事例を取り上げ、考古学・民族学の研究成果を参考に、北の地域の古代の人々の生活について語っていただきます。

 

○タイトル:「常呂遺跡と竪穴住居―東北地方の遺跡からみた北の古代文化」

○日時:平成29年3月18日(土) 15:00~16:30(開場14:30)

○場 所:北網圏北見文化センター2階・講座室

○講 師:根岸 洋さん(国際教養大学・助教)

○入場無料、申込み不要です。

○お問い合わせ:ところ埋蔵文化財センター 電話0152-54-3167

 

講師のご紹介

 根岸 洋(ねぎし よう)さん 国際教養大学アジア地域研究連携機構・助教、文学博士(東京大学)。専門分野は先史考古学、民族考古学、遺産観光論で、東北地方の縄文・弥生時代やオセアニア地域について調査・研究活動にあたられています。青森県・三内丸山遺跡をはじめとする「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録推進でも活動されています。

 

講演会案内

 

お問い合わせ

北見市教育委員会常呂教育事務所
ところ遺跡の森・ところ埋蔵文化財センター

〒093-0216
北海道北見市常呂町字栄浦376番地
電話:0152-54-3167
FAX:0152-54-3996

地図

北網圏北見文化センター