介護予防・日常生活支援総合事業について

2017年4月3日

平成29年4月より、介護予防・日常生活支援総合事業が始まります。

 

 1 概要

 高齢化の進行に伴い、一人暮らしや高齢者のみの世帯、認知症の高齢者が増加していくことが見込まれています。高齢者の方々が住み慣れた地域での生活を継続できるように、地域全体で高齢者を支えるとともに、自分自身の持つ能力を最大限に生かして要介護状態になることを防ぐため、介護予防・日常生活支援総合事業(以下、「総合事業」といいます。)が開始されます。

 これまでの介護予防サービスのうち、「予防通所介護」「予防訪問介護」が総合事業へ移行するほか、介護予防事業の二次予防事業についても総合事業で行われることとなります。

※「予防通所介護」「予防訪問介護」以外の介護予防サービスについては、現行から変更はありません。

 

 2 総合事業の開始時期

 北見市では平成29年4月から総合事業を開始します。

 

 3 総合事業の対象者

(1)対象者について

 総合事業を利用できるのは、以下に該当する方です。

  1. 要支援認定を受けている方
  2. 基本チェックリストで事業対象者と判定された方


<基本チェックリストとは>
 基本チェックリストは、25項目の質問に答えていただき、生活機能や身体の状況を確認するもので、必要に応じて、市や高齢者相談支援センターが実施します。

 生活機能の低下が確認された方は、事業対象者となります。

 ※基本チェックリストで事業対象者となった方に有効期間はありませんが、一定期間サービスを利用していない場合など、再度受けていただくときがあります。

(2)現在介護予防サービスを利用している方が総合事業へ移行する時期について

 平成29年4月1日より前に要支援認定を受けている方は、要支援認定期間満了日の翌日から総合事業へ移行します。

(ただし、更新申請において再度要支援認定を受けた方、または北見市が定める基本チェックリストにより事業対象者と確認された方に限ります。)

 なお、平成29年4月より前に要支援認定を受けている方は、総合事業に移行するまでの間、現行の介護予防サービスを利用いただきます。

 また、平成29年4月以降に新規で要支援認定を受けた方は、総合事業を利用していただくことになります。

 

4 サービス利用の流れ

5 事業所向け情報

 関係事業所におかれましては、次の各項についてご留意いただき、円滑な事業実施に向け準備等をとりすすめていただきますよう、お願いいたします。

  1. 平成28年度第2回介護保険事業所説明会  資料  質疑応答
  2. 平成28年度第3回介護保険事業所説明会  資料  質疑応答 

 

 

お問い合わせ

介護福祉課
電話:0157-25-1144