平成28年度第3回北見市健康づくり推進協議会 会議録

2017年3月31日

平成28年度 第3回北見市健康づくり推進協議会 会議結果

 

1 開催日時 平成29年3月16日(木)18時30分~20時00分

       保健センター講堂

2 出席委員 荒川委員、山田(剛)委員、山畑委員、笹原委員、村上委員、田村委員、

竹中委員、高橋委員、金山委員、鈴木委員、上川委員、山田委員(12名)

3 欠席委員 新井委員、濱中委員、一條委員、田尾委員、野辺委員、小林委員、

内匠委員(8名)

 

【会議次第】  

 1 開 会

 2 議事

1)市が管理する施設の受動喫煙防止の取り組み状況について

2)保健統計から見た健康の状況について          

3)第2期計画の評価                   

4)北見市の健康課題についての検討           

3 その他

 4 閉 会

 

【会議結果】

○議事

議事1)~4)について、事務局より説明を行い、了承された。

○その他 連絡事項

 

 

 

 

 

 

事務局

     本日は、年度末でお忙しい中、お集まりいただき誠にありがとうございます。ただいまより、平成28年度第3回北見市健康づくり推進協議会を開催いたします。

なお、本日は、新井委員、濱中委員、野辺委員、浅野委員、内匠委員、から所要により欠席のご連絡をいただいておりますので、ご報告させていただきます。

 それでは、議事に入らせて頂きますが、本協議会設置要綱におきまして、会長が議長を務めることと規定されておりますので、ここからは、荒川会長に進行を

   お願いしたいと思います。会長、よろしくお願いいたします。

会 長

 それでは、議事を進めていきたいと思います。

 議題1)、市が管理する施設の受動喫煙防止の取り組み状況について 、事務局からの報告をお願いします。

事務局 資料1)市が管理する施設の受動喫煙防止の取り組み状況[DOC:108KB]について説明。
会 長 ただ今の報告等に質問等がありましたらお願いします。
委 員

施設数の%だけでなく、件数はどの程度なのか?

事務局 敷地内禁煙に取組む予定がないと回答しているのが129施設、建物内禁煙に取組む予定がないが57施設となっています。
委 員

施設内禁煙、建物内禁煙等の円グラフに、何施設中82.6%かを明記したほうが良い。

どれくらいの数の施設が取り組まないと回答しているかが知りたいので、わかりやすく表記をしてほしい。

会 長 では議題2)保健統計から見た健康の状況について、事務局より報告をお願いします。
事務局 資料2)保健統計から見た健康の状況[DOC:1MB] に基づき説明。
会 長 ただいま、事務局より説明がありましたが、委員の皆様、質問等がありましたら発言をお願いします。
委 員 平均寿命、健康寿命の算定方法は?
事務局

健康寿命の算定方法は大きく分けて3つあり、国の報告は生活実態調査の詳細から出されているものですが、

北見市は年代別の人口、死亡数、介護認定者数(要介護2以上)で算出する方法を使用しています。

委 員 要介護2以上は健康ではないということか?
事務局 何らかの介護、支援を必要とし自立できていない期間がある方と考えます。
委 員 荒川先生へ。大腸がんが増えている原因は?
会 長 西洋化した食事、根菜類の摂取量の減少による排便量の減少、便秘がちな人などに多いと言われています。
会 長

人口動態について、全国で出生と死亡数が逆転しているのは平成17年頃からだったと思いますが、北見はもう少し

早い段階で人口減少へシフトしているのではなかったでしょうか?

事務局 ただいま、資料を持ち合わせておりませんので、後ほど回答します。
会 長 続きまして、議題3)第2期計画の評価について、事務局より報告をお願いします。
事務局

資料3をご覧ください。第2期計画では6つの指標について、それぞれ目標値を定めておりました。前回の会議でご報告しました、市民アンケート及び

中学生のアンケート結果、また本日ご報告しました保健統計から見た健康の状況などから第2期計画策定時の目標が達成されたかどうかを評価いたしました。

表の見方としては、策定時の数値に対して今回の各データの数値が増加したか、横ばいか、減少かを増減の矢印で表し、目標の達成度を〇✖△で記載し、その

理由を各表の下部に記載しております。資料3)第2期計画の評価[DOC:140KB]に基づき説明。

会 長 ただいま、事務局より説明がありましたが、委員の皆様、質問等がありましたら発言をお願いします。
会 長

2ページ、こころの健康の評価で、自殺者数は減少したが、男性の現状としては✖とした、の

表記について自殺者減少の〇と一致していないのではないか。

事務局

自殺者数は減少しましたが男性のストレスの状況、相談相手がいない人の増といった課題があり

現状としては✖の判断をしましたので、表に記載のとおりです。表下の文言は誤解を招く表現のため削除することとします。

会 長 では、議題4)北見市の健康課題について、事務局から説明をお願いします。
事務局

これまでのアンケート、保健統計、第2期計画の評価から資料4のとおり健康・食育についての課題をまとめました。

資料4)健康・食育の現状と課題[DOC:54KB]] に基づき説明。

会 長

前回の市民アンケート、中学生のアンケート結果から見えたこと、保健統計から見えたこと、

第2期計画の評価から見えたことから、健康課題についてまとめられていますが、各委員の皆様から見て、健康や食育推進の課題と思われること

今後の計画策定に向けて、是非これは盛り込むべきというご意見、こんなことに配慮すべきというご意見、またはそれぞれの団体で健康増進、

食育推進を進める上での役割として感じられていること等はないでしょうか。

委 員 北見市の喫煙率の高さ、がん死亡率の高さから喫煙率を減らしていく目標設定、課題としての明記が必要ではないでしょうか?
事務局

中学生の喫煙もゼロではなかったことから、家族など周囲の喫煙の影響は大きいと考えます。また、オリンピックに向けての国の動きも注視し、

目標を設定していきたいと思います。

委 員 分煙をやる気のない施設もあったが、せめて公共施設は分煙へ取り組むと追加してほしい。
会 長 受動喫煙対策について、公共施設は当然取り組むべきだと思うし、「やらない」は理解できない。啓蒙していくことが必要だと思います。
委 員

学校での喫煙に関する教育の現状は、5~6年生の保健体育の中での授業や保健所等外部講師を入れて、年数回はどこの学校でも取り組んでいます。

女子が父親に「たばこを止めて。」と言うこともあり、子どもから親への波及効果は期待できると思います。

委 員

平成27年12月から職場で行うストレスチェックはどのくらい普及しているのか?企業のチェック実施状況等について

課題に入れ込むことはできないか?

事務局

ストレスチェックについては50人以上の企業を対象に実施が義務付けられ、チェック自体は労基も勧めていますが、実施状況などデータを保有しているか

どうか労働基準監督署とも情報交換を行い、今後検討していきたいと考えます。

会 長 市からの依頼であれば企業もアンケート協力等してくれるのではないかと思いますので、データとして押さえていたほうがいいと思います。
委 員

市の指名業者であれば、アンケート調査を拒否しないのではないかと思う。50人以下でも実施している事業所はあるので事業所の人数に

関係なく調査すべきではないかと思います。

委 員 食育で、地産地消における「フードマイレージ」の考え方もぜひ入れてほしい。
会 長 他の地域から来られた職員からは北見市の食べ物がとても良いと言われます。質の高い食材が身近に手に入る、地域性を強調してはいかがでしょうか?
委 員

朝食の欠食、食事の摂取率のデータがありましたが、どの程度を欠食とするのか。牛乳だけ、ヨーグルトだけでも良しとするのかどうか。食べ方が大きな問題では

ないかという気がします。

事務局

今回の調査では朝食を食べているか否かと主に食べているもの5つを聞いています。朝食については、暮らしに合わせた食べ方を目標の一つとしており、北見市として

どこに折り合いをつけるか、栄養士会とも協議していきたいと考えています。

委 員

食品ロスや添加物に対する取り組みについて、市がコープとタイアップして、3月23日に講習会の開催予定があります。都会では、貧困による欠食の課題から

子ども食堂といった取り組みはあるが、北見はどうなのでしょうか?

事務局 子どもの貧困について事務局としてデータはありませんが、今後道の調査がある予定となっています。
委 員

小中学校での朝食の欠食児童は数%いて、理由は親が起きてこないなど普通の家庭生活が送れていない家庭が多く給食で栄養摂取は何とかなっています。

子ども食堂については北見市内では聞いたことはありません。

委 員

親が欠食だと子どもの欠食も多く、園では朝の活動に影響するのでおにぎり持参などを呼びかけていますが、応じない親もいます。その時は園でおにぎりを

提供したりもしていますが、学校に入ってからは自分でできるよう、園で自分でごはんを炊くこと(親が起きていなくても最低限食べるものを自分で用意できる

ように)にも取り組んでいます。

事務局

働きかけが難しい世代ではありますが、40~50歳代の男性は何とかしないといけない状況です。商工会議所とも連携し、労働者の健康問題は

個人だけではなく会社の問題でもあるとして、働きかけに協力してもらっていきたいと考えています。

健診後の再検査等の放置も多い。休暇を取って受診できない、など本人だけの力ではどうにもできない部分もあり、会社のトップの理解も必要と考えています。

会 長

自分もメタボの心配があり、勤務中に8階まで階段を使うなどちょっとした心がけで変化が出ました。職場内の歩く導線を考えるなど、事業所内で

具体的に考えてもらえるような示し方も大事ではないかと思いますので、連携してすすめてください。

会 長 それでは、もうそろそろ、質問、意見も出尽くしたようですので、これにて本日の会議を終了したいと思います。
連絡事項  
事務局

委員の皆様、ありがとうございました。本日の皆様の意見をもとに素案を作成してまいります。

昨年8月第1回会議で、平成29年度の会議予定をお知らせしておりましたが、当会議は第2期計画の進捗管理も兼ねておりますので

当初予定には入れておりませんでしたが、本年8月頃に平成29年度第1回会議を開催し、平成28年度の評価と第3期計画策定の進行状況に

ついてご報告したいと考えています。

29年度素案の検討については、10月、11月の2回を予定しておりましたが、1回で実施できるよう検討したいと考えていますので

よろしくお願いいたします。

夜分ですので、くれぐれもお気をつけてお帰りいただきたいと思います。本日はご苦労様でした。

 

お問い合わせ

健康推進課
電話:0157-23-8101