軽自動車・オートバイの税止め手続きについて

2017年6月5日

 

軽自動車やオートバイを北見地区以外や道外で廃車、住所変更、名義変更をしたときは税止め手続きが必要です。

  

 北見市で課税の対象となっている「北見」ナンバーの軽自動車やオートバイを、北見地区以外や道外で廃車、住所変更、名義変更などの登録変更をしたときは、税止め(税申告)の手続きが必要となります。

 税止めの手続きは基本的に自己申告となっていますが、軽自動車検査協会等が代行手続きを有料でしています。詳しくは軽自動車検査協会や運輸支局にご確認ください。

 ご自身で手続きをされる場合は、以下により必要書類をご提出ください。

 
【税止めの手続きに必要な書類と提出先】

 

  必要な書類(いずれか1つを提出してください。)

   ・軽自動車税申告書(報告書)

   ・軽自動車変更(転出)申告書

   ・軽自動車税納税義務消滅(変更)申告書

   ・車検証返納証明書のコピー

   ・届出済証返納証明書のコピー

   ・新旧各ナンバーの車検証のコピー

     ※旧ナンバーの車検証のコピーがない場合は、新ナンバーの車検証のコピーの余白に旧ナンバーと旧所有者名を記入してください。

 

  提出先(郵送でも受付しています。)

   〒090-8509

   北海道北見市大通西2丁目1番地 まちきた大通ビル4階

   北見市役所 総務部 市民税課 諸税係

   ※郵送で提出される場合は、提出される方の氏名、住所、日中連絡の取れる連絡先の電話番号をメモ等に記載のうえ同封してください。

関連ワード

お問い合わせ

市民税課
諸税係
電話:0157-25-1114
ファクシミリ:0157-25-1201