ふるさとテレワークを推進するIT関連企業3社と連携協定を締結しました

2017年6月30日

当市では、平成27年度に総務省の委託事業である「ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業」を

受託し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方として、地方創生に向けたテレワークの取り組み

を推進してきました。

 

この度、当市は、平成27年度の実証事業に参加し、現在も自社で整備したサテライトオフィスにて

当市でのテレワークを継続している株式会社アイエンター(代表取締役 入江 恭広 氏)、

株式会社Willink System(代表取締役 渡部 佳朗 氏)、株式会社要(代表取締役 田中 恵次 氏)の

3社と『北見市と市内のサテライトオフィスで「ふるさとテレワーク」を推進するIT関連企業との

ICT環境を活用した地方創生にかかる連携協定』を締結いたしました。

 

今後、北見工業大学の学生を対象としたハッカソンなどのITイベントや、

地元企業とのビジネスマッチング、さらにはテレワークの拠点となるサテライトオフィスを

核とした北見市の魅力発信など、様々な取り組みを3社と協力して推進してまいります。

 

1.目的

ICT環境が整備された北見市内のサテライトオフィスを活用し、首都圏の仕事をテレワークで行う

「ふるさとテレワーク」を推進することにより、当地域におけるICT人材の育成や雇用創出のほか、

ICTの利活用を通じて地域経済の活性化を図ることを目的とします。

 

2.締結の内容

(1)地域のICT人材育成及び雇用創出に関すること

(2)サテライトオフィス北見の利用拡大に関すること

(3)ICTを活用した地域課題の解決に関すること

(4)地域企業とのビジネスマッチングに関すること

(5)地域の魅力発信に関すること

(6)その他、4者の協議により必要と認めた事項に関すること

 

3.協定期間

平成29年6月29日から平成30年3月31日

※意思表示がない場合は1年間更新

 

◆当日の様子

連携協定調印中 連携協定調印後(加工後)

◆株式会社アイエンター 代表取締役 入江 恭広 氏

入江社長

◆株式会社WillinkSystem 代表取締役 渡部 佳朗 氏

渡部社長(加工後)

◆株式会社要 代表取締役 田中 恵次 氏

田中社長

お問い合わせ

工業振興課
工業係
電話:0157-25-1210