弾道ミサイルが飛来する可能性がある場合に消防サイレンを鳴らします。

2017年12月22日

 弾道ミサイルが発射され、日本に飛来する可能性がある場合、政府はJアラート(全国瞬時警報システム)を使用し、緊急速報メールやテレビ、ラジオなどを通じて緊急情報を伝えています。

 市では、「メール@きたみ」や「防災行政無線(常呂自治区の一部)」を利用した情報伝達を行っていますが、今後はこれらに加えて、平成30年1月1日より下記箇所のサイレンを鳴らします。

サイレンの設置箇所と鳴り方

 消防団詰所などに設置のサイレン(28箇所)を60秒間1回鳴らします

 

北見自治区(8箇所) 東相内・相内・豊田・上常呂・仁頃・上仁頃・富里・富里ダム
端野自治区(11箇所) 消防署端野支署・緋牛内・一区・端野・三区・川向・協和・忠志・豊実(2箇所)・北登
常呂自治区(4箇所) 消防署常呂支署・栄浦・豊川・日吉
留辺蘂自治区(5箇所) 消防署留辺蘂支署・仲町・温根湯温泉・大和・瑞穂

 

弾道ミサイル落下の可能性がある場合にとるべき行動について

kokuminhogo内閣官房国民保護ポータルサイト(弾道ミサイル落下時の行動について)

 

 北見市ホームページ 「弾道ミサイル落下時の行動及び情報伝達システムについて」 ←クリックするとページが表示されます。

 

「メール@きたみ」にご登録を!

 緊急情報のほか、除雪情報等を配信しています。

  メール@きたみ ロゴ    ⇐ ご登録はこちらから(クリックすると登録方法がご確認いただけます。)

お問い合わせ

防災危機管理課
電話:0157-25-1171