病児保育事業(病児対応型)の開始について

2018年4月23日

病児保育事業(病児対応型)とは

 

病児保育事業(病児対応型)とは、お子様が「風邪を引いてしまった」ときや、「インフルエンザなどの感染症にかかってしまった」ときなど、普段、お子様を預けている教育・保育施設等(保育園、幼稚園、認定こども園など)に預けることができず、かつ、保護者のお仕事や急な用事などでご家庭でお子様を保育することが困難なときに、病気のお子様を専用に保育する施設(以下「病児保育室」という。)において、専任の保育士・看護師が保護者に代わって一時的に保育・看護を提供する保育サービスです。

 

病児保育の対象となるお子様

 

病児保育の対象となるお子様は、次のすべての要件を満たすお子様となります。

※広域利用により北見市内の教育・保育施設等をご利用の場合は、別途ご相談ください。

 

  • 北見市に住民登録があり、かつ、当面、病状の急変が認められない満1歳から小学校就学前のお子様
  • 北見市から支給認定(1号認定、2号認定、3号認定)を受け、教育・保育施設等を利用しているお子様
  • 病気の回復期に至っていないことから利用中の教育・保育施設等での集団保育が困難であり、かつ、保護者の仕事等の都合により家庭で保育が困難なお子様

 

病児保育の対象となる病気の範囲

 

病児保育の対象となる病気の範囲は、次のとおりとなります。ただし、点滴等の医療行為や入院を必要とする場合は、対象となりません。

 

  • 感冒、嘔吐・下痢等の日常罹患する病気   ※症例 ・・・ 風邪、インフルエンザ、感染性胃腸炎など
  • 麻疹(はしか)・水痘(水ぼうそう)・風疹等の感染性の病気
  • 骨折、熱傷等の外傷性の病気(ケガ)

 

 

病児保育室の概要

 

  • 場所

      北見市立中央保育園内 病児保育室「こあら」

      住所:北見市北9条東2丁目2番地

      電話番号(直通):(0157)33-1157

      【利用のしおり】 北見市病児保育施設利用のしおりパンフレット[PDF]

  • 開設時間

      8時30分 から 17時30分 までの9時間

  • 休業日

      土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)

  • 1日の利用定員

      3人 (安静室:2部屋、保育室:1部屋)

  • 利用期間

      原則、上記の休業日を除く連続する7日以内となります。ただし、お子様の健康状態、保護者の仕事等の都合により延長が可能な場合があります。

  • 給食の提供

      保護者の希望により、次の3パターンの中からお子様の健康状態に合わせた給食(おやつ含む。)を提供します。

      アレルギーをお持ちのお子様についても対応しますので、事前にご相談ください。

       1.かゆ食   献立例 ・・・ 5倍がゆ、ふりかけ、たらのほぐし煮、じゃがいもと野菜の味噌煮、かぶのひき肉あんかけ、味噌汁、果物など

       2.軟飯食   献立例 ・・・ 軟飯、ふりかけ、ツナじゃが煮、かぼちゃのつぶし煮、ソーメン味噌汁、果物など

       3.普通食   ※保育園で通常提供している当日の給食と同メニューとなります。

  • 利用料    
  1人当たりの利用料(日額)
3歳未満児 3歳以上児
給食あり 給食なし 給食あり 給食なし
A 生活保護世帯 0円 0円 0円 0円
B

市民税非課税世帯

(均等割のみ課税の世帯を含む。)

0円 0円 0円 0円
C 市民税課税世帯 2,300円 2,000円 1,800円 1,500円

 

病児保育利用の流れ

 

  1.事前登録

       中央保育園内病児保育室「こあら」にて、「病児保育事業登録申込書」により、事前登録を行います。

       事前に病児保育室へ電話連絡の上、お越しください。

         持ち物 : 母子手帳

       【様式】   病児保育事業登録申込書(第1号様式)[PDF:336KB] 

 

  2.利用予約

       病児保育室へ電話連絡の上、利用希望日の空き状況を確認し、予約を行ってください。

 

  3.協力医療機関を受診

       協力医療機関を受診し、「病児保育事業医師連絡書」(無料)の交付を受けてください。

       ※医師連絡書の有効期間は、発行日から4日です。

       ※協力医療機関の医師の判断により、医師連絡書の交付が受けられない場合は、病児保育の利用はできません。

       【様式】   病児保育事業医師連絡書(第3号様式)[PDF:137KB]

 

  4.利用申込み

       協力医療機関受診後、「病児保育事業利用申込書」、「病児保育事業医師連絡書」を病児保育室へ提出してください。

       ※投薬が必要な場合は、別途「投薬依頼書」の提出が必要となりますので、印鑑、お薬手帳等を持参してください。       

       【様式】   病児保育事業利用申込書(第2号様式)[PDF:135KB]

 

  5.利用開始

 

  6.利用終了

       病児保育を利用された月の翌月に、北見市より前月分の病児保育の利用料の納付書を郵送します。

       納期限までに納付書記載の金融機関等で納めてください。

       

病児保育の利用に関しての同意事項及び注意事項 

   

   1.病児保育を利用中においてお子様の健康状態が悪化した場合、協力医療機関等への通院治療又は救急搬送を行うことがあります。

        ※通院治療又は救急搬送を行ったことによる医療費のご負担は、保護者負担となります。

   2.通院治療又は救急搬送を行ったときにおいて、場合によっては治療等が優先し、保護者に対する病児保育室からのご連絡が事後となることがあります。

   3.病児保育室において病気の感染には十分配慮は行いますが、ほかに利用されるお子様がいるため完全に感染防止ができない場合があります。

   4.登録申込書、利用申込書及び医師連絡書に記載されていないお子様の特殊事情により起きた事故等については、保護者責任となります。 

   5.利用予約後、病児保育の利用をキャンセルしたい場合は、必ず病児保育室へ連絡してください。

   6.1日の利用定員を満たしていない場合でも、当日の感染症等のお子様の受入状況により、感染拡大防止のため利用を制限する場合があります。

   7.病児保育の登録は、年度毎で行います。翌年度以降も登録の継続を希望される場合は、再度登録申込みを行ってください。

 

協力医療機関一覧

協力医療機関        所在地 電話番号
北見赤十字病院 北見市北6条東2丁目 24-3115
中村記念愛成病院 北見市高栄東町4丁目20番1号 33-3088
秋山こどもクリニック 北見市高栄東町1丁目24番20号 66-2255
愛し野内科クリニック 北見市端野町三区366番6 67-6565
かみむらキッズ・クリニック 北見市山下町3丁目1番7号 22-4188
木村内科小児科医院 北見市留辺蘂町東町35番地1 67-2080
みずもと小児科 北見市春光町2丁目155番地6 69-8222
ゆりの樹クリニック 北見市東三輪2丁目66番地3 57-5131
わだ小児科・循環器内科医院 北見市幸町1丁目2番20号 24-7333

 

地図

お問い合わせ

保育課
電話:0157-25-1625
ファクシミリ:0157-25-1621