市内7金融機関と「地方創生に関する連携協定」を締結しました

2016年4月21日

 

 本市では、平成28年2月に北見市地方創生総合戦略を策定し、地方創生に関わる施策を展開しております。

 この度、その一環として市内に本支店を有する7つの金融機関との間で

 『北見市と北見信用金庫、網走信用金庫、遠軽信用金庫、北海道信用農業協同組合連合会、日本政策金融公庫、北海道銀行及び北洋銀行との地方創生に関する連携協定』

 を締結いたしました。

 今後、地元産品の販路開拓や観光振興、中小企業支援や、まちづくりの分野での取り組みを協力して推進してまいります。

 

1. 目的

   北見市の地方創生に関する地域経済の発展に資する事業などの実施において、市内7金融機関と北見市が積極的な連携及び協力を行うことにより、産業の振興及び発展に寄与することを目的とします。

 

2. 連携の内容

  (1) 地域経済の発展に資する事業

  (2)食産業・観光産業の振興に資する事業

  (3)中心市街地の活性化に資する事業

  (4)企業誘致の推進に資する事業

  (5)その他協議により定める事項

 

3.協定期間

   平成28年4月21日から平成32年3月31日 ※意志表示がない場合は以降3年間更新

 

◆当日の様子

調印式の写真・その1調印式の写真・その2

お問い合わせ

企画政策課/行評・行革/総合計画
電話:0157-25-1103