体の中の水がなくなるとどうなる?

2018年9月25日

豆知識その3

体の中の水がなくなるとどうなる?

 

人間の体はそのほとんどが水分です。

成人の場合は60~65%が水分量であり、例えば体重が60kgの成人であれば体内に36~39kgの水分を含んでいることになります。

その水分量が不足しないためには、1日に2.5Lの水が必要です。

体内の水

 

体内の水分量が不足してくると、さまざまな健康障害を引き起こす可能性があります。

 5%失うと ⇒ 脱水症状や熱中症などの症状

dassui200

 

10%失うと ⇒ 筋肉のけいれんや循環不全などの症状

keiren200

 

20%失うと ⇒ 死に至ることも

sibou200

 

汗をかきやすい夏などは特に注意が必要です。

手軽に飲める「水道水」でこまめな水分補給を心がけてください。

hokyu200

 

 

 

お問い合わせ

上下水道局浄水場
電話:0157-38-2354