北見地域定住自立圏について

2019年3月13日

定住自立圏構想とは

 定住自立圏構想は、今後、大幅な人口減少と急速な少子化・高齢化が見込まれる地方圏において、安心して暮らせる地域を各地に形成し、地方圏から三大都市圏への人口流出を食い止めるとともに、三大都市圏の住民にもそれぞれのライフステージやライフスタイルに応じた居住の選択肢を提供し、地方圏への人の流れを創出することを目的とした取組です。

 

 ■ 定住自立圏構想の概要(総務省ホームページ)

 

 

中心市宣言

 中心市宣言は、「定住自立圏構想推進要綱」(平成20年12月26日付け総行応第39号総務事務次官通知)で定められた一定の要件を満たしている中心市が、人口定住のために必要な生活機能を確保するため、経済、社会、文化又は住民生活等において密接な関係を有する近接市町村と連携し、地域全体のマネジメント等において中心的な役割を果たす意思を明らかにするものです。

 北見市は、平成31(2019)年2月28日開会の第1回定例北見市議会において、「北見地域定住自立圏」の中心市として、圏域を形成する市町それぞれの独自性を尊重しながら、圏域全体のマネジメントを担い、将来にわたり圏域住民が安心して暮らし続けることができる、魅力あふれる地域を形成することに全力で取り組んでいくことを宣言しました。

 

tyushinshi

 

 ■ 中心市宣言書[PDF:383KB]

 

お問い合わせ

企画政策課/行評・行革/総合計画
電話:0157-25-1103