北見市航空運賃補助金制度

2019年4月1日

平成31年4月1日施行
 
IT関連企業の進出に係る航空運賃の補助制度を創設

制度の概要

IT関連企業の進出及び事業化を促進するため、市外から市内へ進出した企業に対し、航空運賃の一部を事業開始後、最長3年間補助するもの。

 

要件

  1. IT関連企業であること(コールセンターは含まない)
  2. 市外から市内への進出であること
  3. 常用雇用者(北見市内に住民票を有し、かつ年間の給与収入が130万円以上見込まれる者)が3名以上であること
  4. 市税等の滞納がないこと
  5. 地域の産業の振興及び雇用の確保に貢献する事業を行う者であること

 

対象者

 企業等(株式会社・持分会社・中小企業団体等)とする。

 

支払条件

  • 条件を満たす企業の事業開始後1年間を経過した後の精算払い(最長3年間)
  • 補助対象航空運賃(発着陸のいずれかが女満別空港であって、事業計画書に基づく出張又は用務を行った社員等が利用した航空運賃)に対して、100分の50以内の補助(年間最大200万円)

お問い合わせ

工業振興課
工業係
電話:0157-25-1210