新生児聴覚検査

2019年4月1日

平成31年4月より、聴覚障がいの早期発見・早期支援に向けて、新生児聴覚検査の費用の一部助成を開始します。

 

1.対象者

  北見市に住民登録のある、平成31年4月1日以降にお生まれのお子さん

  ※受診時において、北見市外に転出された場合や平成31年3月31日までにお生まれになった方は、

   受診票を使用することができませんのでご了承ください。

 

2.助成の対象となる検査内容と金額

  【受診時期】 生後おおむね3日~退院前に実施される、新生児聴覚検査の初回検査

  【助成金額】 1回 3,000円を上限に助成

  【内  容】 自動聴性脳幹反応検査(自動ABR検査)または、耳音響放射検査(OAE)

  【注  意  点】

  ※初回検査に限ります。確認検査、精密検査、医療保険適用の検査については助成対象外です。

  ※新生児聴覚検査の費用が助成金額を超えた場合の差額分は、自己負担となりますので医療機関へお支払いください。

  ※検査の結果は医療機関から北見市に報告されます。保健師から連絡させていただくことがありますのでご了承ください。

 

3.受診方法

  (1)「新生児聴覚検査受診票」を、検査を実施する委託医療機関に提出して受診してください。

  (2)受診の際には「北見市新生児聴覚検査受診票」と「母子手帳」を必ずご持参ください。

     また、受診票の太枠内は必ず事前に保護者の方がご自身で記入してください。 

 

4.受診できる医療機関

  (1)北見市の委託医療機関で受診する場合

     北見赤十字病院、中村記念愛成病院で受診することができます。

  (2)北見市外の医療機関(北海道外も含む)で受診する場合 

     里帰り出産などで、北見市外の医療機関等で受診する場合は、北見市が交付する受診票は使用できません。

     検査費用は自己負担となりますが、申請により上限3,000円まで払い戻しが受けられます。

     下記の書類を揃え、検査実施日より3か月以内に、健康推進課または総合支所保健福祉課で手続きを行ってください。

   【必要書類】1)新生児聴覚検査費用助成金交付申請書(様式第1号)

         ※窓口でお渡しするか、下記よりダウンロードが可能です。

         新生児聴覚検査費用助成金交付申請書(様式第1号)[PDF:217KB]

         2)新生児聴覚検査の費用にかかる領収書

         3)検査結果が記載されたもの

         4)申請者名義(保護者)の通帳等の写し

         5)印鑑

 

5.受診票の交付について

  ●母子手帳交付時に受診票を交付します。

   出産予定日が平成31年4月1日以降の方には平成31年3月末に個別に受診票をお送りしています。

   ※受診時において市外に転出された方や、平成31年3月31日までにお生まれになったお子さんは対象となりません。

 

6.新生児聴覚検査のリーフレット

  検査の流れ等については下記をご覧ください。

  新生児聴覚検査を受けましょう[PDF:735KB]

 

7.お問い合わせについて   

北見市保健福祉部健康推進課 電話:0157-23-8101
端野総合支所保健福祉課   電話:0157-56-4005
常呂総合支所保健福祉課 電話:0152-54-2114
留辺蘂総合支所保健福祉課 電話:0157-42-2426

 

 

お問い合わせ

健康推進課
母子保健係
電話:0157-23-8101