遅延損害金等について

2019年6月19日

遅延損害金及び延滞金について

 日頃より、水道・下水道をご利用いただき、ありがとうございます。

 平成31年4月以降の水道料金及び下水道使用料並びに下水道受益者分担・負担金等を納入期限までにお支払いいただけない場合は、納入期限の翌日から実際にお支払いただいた日までの日数に応じ、下記の利率を乗じた遅延損害金及び延滞金(以下、「遅延損害金等」という。)が加算されることになりますので、ご注意ください。

 負担の公平性を確保するため、公正な債権管理を今後より一層進めてまいりますので、ご理解と、期限内納入のご協力をお願いいたします。

利率について

水道料金に係る遅延損害金

 民法に定める法定利率 年5%

 

下水道使用料に係る延滞金(平成31年1月~令和元年12月)

 条例に定める利率(納入期限の翌日から1か月経過までの期間 年2.6% 、1か月経過後 年8.9%

 

 計算方法について

計算式:遅延損害金等 = 滞納額 × 利率 × 日数 ÷ 365日 

   (例)水道料金:50,500円、下水道使用料:48,400円

   納期限:平成30年4月30日、納入日:平成30年10月28日

 

  • 水道料金に係る遅延損害金

    50,000円(※1)× 5% × 181日 ÷ 365日 = 1,239円 → 1,200円(※2)

 

  • 下水道使用料に係る延滞金

   (48,000円(※1)× 2.6% × 31日 ÷ 365日)

  +(48,000円(※1)× 8.9% × 150日 ÷ 365日)= 1,861円 → 1,800円(※2)

 (※1)水道料金及び下水道使用料に1,000円未満の端数がある場合はこれを切り捨て、その金額が2,000円未満の場合は全額を切り捨てます。

 (※2)遅延損害金等に100円未満の端数がある場合はこれを切り捨て、その金額が1,000円未満の場合は全額を切り捨てます。

 


お問い合わせ

上下水道料金センター

電話
0157-25-1178
時間
午前8時45分から午後5時30分まで
※土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から1月3日)を除く

関連ワード