未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金について

2019年7月26日

 令和元年10月から消費税率が引き上げとなる環境の中、児童扶養手当を受給する未婚のひとり親に対し、寡婦控除が適用された場合の標準的な減税額を推計し、臨時・特別の措置として給付金を支給いたします。

 

 

対象者

  1. 令和元年11月分の児童扶養手当の支給を受ける父または母
  2. 令和元年10月31日現在において法律婚をしたことがない方
  3. 令和元年10月31日現在において事実婚をしていない方

この3点すべてを満たす方

※所得超過・年金受給等で児童扶養手当が全額支給停止となっている方は、対象外となります。

 

支給額

17,500円

原則、支給は児童扶養手当の1月の支給と同日に行います。(12月中旬以降に申請された方は、1月中旬以降の支給となります。)

 

申請について

  • 受付期間:令和元年8月1日~令和2年1月6日(土日祝・年末年始を除く)
  • 受付窓口:子ども支援課・各総合支所保健福祉課
  • 必要書類:本人確認書類(運転免許証 など)

           申請書(窓口に備え付けてあります)

           申請者の戸籍謄本(申請日から1カ月以内に発行のもの)

           振込先の通帳 ※児童扶養手当と別口座への振り込みを希望するときのみ

 

※申請後、令和元年10月31日までに北見市から転出されたり、児童扶養手当の受給資格を失った方は、申請を取り下げていただきます。

 なお、転出された方は、転出先の市区町村で再申請をすることができます。

 

  • 審査後、申請者全員に支給または不支給の決定通知書を送付いたします。(12月以降に順次郵送を予定しております。)

関連ワード

お問い合わせ

子ども支援課
電話:0157-25-1137