ところ遺跡の森:『遺跡・考古学体験講座』(終了しました)

2019年8月20日

 毎年8月下旬から9月にかけて、常呂では東京大学常呂実習施設による遺跡の発掘調査が行われてきました。今年も8月21日より調査が開始されます。
 この発掘調査に合わせて、『遺跡・考古学体験講座』を実施します。発掘現場の見学とともに、出土品を使った簡単な体験講座も行います。
 遺跡に関心のある方であればどなたでもご参加いただけます。遺跡の森で考古学を体験してみませんか?

日 時:令和元年8月31日(土)/午前9時30分~12時

講 師:熊木俊朗氏( 東京大学大学院人文社会系研究科教授)ほか

主な内容:

  • 発掘現場に行ってみよう  ・・・発掘調査中の遺跡( 大島2 遺跡) を見学します。
  • 出土品にふれてみよう   ・・・本物の土器や石器にふれ、じっくり観察します。
  • 土器の拓本を作ってみよう ・・・出土品の記録作成に挑戦します。

参加方法:

前日までに「ところ埋蔵文化財センター」まで電話でお申し込みください。

 受付電話番号:0152-54-3167(月曜休)

(※参加可能な人数に限りがあるため、先着順で受付します。)

当日は「ところ遺跡の館」(北見市常呂町字栄浦371)前に集合となります。歩きやすい靴、汚れてもよい服装でご参加ください。

 

発掘中の竪穴住居跡
▲発掘中の竪穴住居跡(大島2遺跡)

 

 

お問い合わせ

北見市教育委員会社会教育部
ところ遺跡の森

〒093-0216
北海道北見市常呂町字栄浦371番地
電話:0152-54-3393
FAX:0152-54-3538