遺跡の森デジタルミュージアム【簡易版】

2020年5月28日

 ところ遺跡の森が収蔵する考古資料や施設を写真でご紹介します。

 

ところ遺跡の森・収蔵資料

 ところ遺跡の森の収蔵資料とその関連資料の一部を写真でご紹介します。

ところ遺跡の森・土器コレクション

 収蔵資料の中から時期別に土器を掲載しています。時期によってデザインや文様がさまざまに変化するようすを見ることができます。

 

写真で見る遺跡の森

 遺跡の森の一部を、Googleストリートビューを通して360°写真で見ることができます。

擦文の村

 階段を上がって、「擦文の村」を訪れてみましょう。復元竪穴住居の中にも入れます。復元竪穴住居の周りに見られる地面の凸凹は11~12世紀ころの竪穴住居の跡が残っているものです。

 復元竪穴住居の前を通過し、遊歩道に入ってまっすぐ進んでいくと、「続縄文の村」に入れます。続縄文の村でも、よく見ると縄文~続縄文時代の竪穴住居の跡が浅い穴になって残っているのが分かります。

ところ埋蔵文化財センター

 こちらの画面では「ところ埋蔵文化財センター」からスタートできます。正面に見えるのが埋蔵文化財センターの建物です。建物とは反対方向に向かって遊歩道を進むと「擦文の村」に行くことができます。

遺跡の森・自然案内

遺跡の森の生物

 遺跡の森で見られる生物の一部をご紹介します。

 

お問い合わせ

北見市教育委員会社会教育部
ところ遺跡の森

〒093-0216
北海道北見市常呂町字栄浦371番地
電話:0152-54-3393
FAX:0152-54-3538