新型コロナウイルスに関する特別定額給付金のよくある質問(Q&A)

2020年5月14日

よくある質問(Q&A)

 



問 申請書はいつ届くか?

  • 5月22日から5月31日までに北見市全世帯に届くように送付いたします。

 

問 いつ口座に振り込むのか?

  • 申請を受理後、郵送申請は10日、オンライン申請は2週間が目安となっております。

 

問 特別定額給付金の対象者は誰か?

  • 今回の給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者とされていますので、年金受給者、失業保険受給世帯、生活保護の被保護者等に関わらず支給対象となります。
  • 生活保護の被保護者の収入認定に当たっては、収入として認定しないものとする方針です。

 

問 外国人は給付対象者か?

  • 住民基本台帳に記録されている外国人は、給付対象者になります。外国人のうち、短期滞在及び不法滞在者は住民基本台帳に記録されないため対象となりません。

 

問 基準日(令和2年4月27日)に生まれた子供は給付対象者になるか?

  • 給付対象者となります。 4月28日以降に生まれたお子さんは、給付対象者になりません。

 

問 基準日(令和2年4月27日)以降に亡くなった人は、給付対象者になるか?

  • 4月27日以降に亡くなられた人についても、給付対象者となります。

   基準日(令和2年4月27日)以降に世帯主が亡くなられた場合は、変更後の世帯主が申請者となります。

  単身世帯主が亡くなられた場合は、ご遺族等が代わりに申請することはできません。ただし申請後に亡くなられた場合は、当該世帯主に給付が行われ、他の相続財産とともに、相続の対象となります。

 

問 世帯主に体の不自由があり、自分で申請できない場合はどうするか?

  • 世帯主による申請が困難な方は、以下の代理人による郵送での申請も可能です。代理人申請では世帯主の本人確認書類と代理人の本人確認書類が必要になります。
  1. 令和2年4月27日時点での世帯主の属する住民票上の世帯員
  2. 法定代理人(成年後見人、代理権付与の審判がなされた保佐人及び代理権付与の審判がなされた補助人)
  3. 親族その他の平素から世帯主本人の身の回りの世話をしている者等で市が特に認める者

  ※2、3の場合は世帯主と代理人との関係がわかる書類が必要となります。

 

問 申請するにあたって必要な書類は?

  • 郵送申請の場合
  1. 申請書
  2. 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、パスポート、年金手帳、北見市バス乗車証、身体障害者手帳 等の写し)
  3. 振込先金融機関口座確認書類(通帳やキャッシュカードの金融機関名、口座番号、口座名義人、(カナ) が確認できる面の写し)
  • オンライン申請の場合
  1. 世帯主のマイナンバーカード
  2. 振込先金融機関口座確認書類

 

問 申請に必要な本人確認書類とはどのようなものか?

  • いずれか1点を申請書に添付していただくことになります。

   運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、パスポート、年金手帳、北見市バス乗車証、身体障害者手帳 等の写し

   そのほかのものにつきましては、こちらのページに記載されている書類になります。

 

問 オンライン申請の場合、世帯主全員のマイナンバーカードが必要か?

  • 世帯主のマイナンバーカードのみ必要となります。

 

問 特別定額給付金は、課税対象となるのか?

  • 特別定額給付金は、法律により非課税になります。

 

問 振込口座を世帯主以外にしたい

  • 基本的に世帯主の口座が振込先となりますが、代理人受給を希望される場合、以下の代理人による受給が可能です。代理人受給では世帯主の本人確認書類と代理人の本人確認書類、代理人の振込先金融機関口座確認書類が必要になります。
  1. 令和2年4月27日時点での世帯主の属する住民票上の世帯員
  2. 法定代理人(成年後見人、代理権付与の審判がなされた保佐人及び代理権付与の審判がなされた補助人)
  3. 親族その他の平素から世帯主本人の身の回りの世話をしている者等で市が特に認める者

  ※2、3の場合は世帯主と代理人との関係がわかる書類が必要となります。

 

問 ネット銀行(楽天銀行、セブン銀行 等)の口座で申請してもよいのか?

  • ネット銀行への振込は可能です。 振込先金融機関口座確認書類には口座情報のわかる画面の写しやキャッシュカードの両面の写しを添付してください。

 

問 現金で受け取ることはできないのか?

  • 原則として、銀行口座への振り込みにより給付を行います。

   口座がない場合は申請書を受け取り次第、特別定額給付金事務局までご連絡いただきますようお願いいたします。

   特別定額給付金事務局(電話 0157-33-3931【対応時間:8:45~17:30(土曜、日曜、祝日を除く)】)

 

問 住民票の住所以外のところに申請書を送付してほしい

  • 基準日(令和2年4月27日)における住民基本台帳に記録される住所に申請書を送付させていただきますので、個別での対応はお受けすることができません。

   日本郵便の転送サービス(※)をご利用いただくことで、郵便物を居所へ転送してもらうことができます。

  ※インターネットでお申し込みができます。 https://welcometown.post.japanpost.jp/etn/

  ※インターネットをご利用できない場合は、ご本人の本人確認書類・旧住所が確認できる書類(運転免許証、住民票等)を最寄りの郵便局へお持ちいただき、郵便局に備え置いている転居届に必要事項を記載してお申し込みができます。

   また、申請書を受け取らなくても、マイナンバーカードをお持ちの方はオンライン申請が可能です。

  

問 別居中なので、別々に申請を送ってほしい

  • 今回の給付金は、世帯ごとの給付となりますので同じ世帯の方々に別々に申請書を送付することができません。

    基準日(令和2年4月27日)以前から別々の住所にお住いの方であれば、住所変更の届出を提出いただければ世帯主ごとに申請書を送付することができます。

 

問 引越しをする予定だが、手続きはどのようになるのか?

  • 引越しの予定日や手続きをする日付により、どちらかの市区町村から申請書が送付されるかが変わりますが、必ず申請書はお手元に届くことになります。どの市区町村から申請書が届くかは、特別定額給付金事務局(電話 0157-33-3931【対応時間:8:45~17:30(土曜、日曜、祝日を除く)】)までご連絡いただきますようお願いいたします。

 

問 窓口で対応してもらえないのか?

  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、特別定額給付金事務局では窓口の対応は行っておりません。

         ご不明な点につきましては、特別定額給付金事務局(電話 0157-33-3931【対応時間:8:45~17:30(土曜、日曜、祝日を除く)】)までご連絡いただきますようお願いいたします。

 


 

 

お問い合わせ

総務部
特別定額給付金事務局
電話:0157-33-3931