オホーツク・トビニタイ文化の土器

2020年5月28日

 続縄文時代末の5世紀頃、サハリンから異なる文化をもつ人々がオホーツク海沿岸地域に南下してきました。この人々の文化をオホーツク文化と呼んでいます。オホーツク文化で作られた土器はオホーツク土器と呼ばれています。

 10世紀頃になって、擦文文化がオホーツク海沿岸まで進出してきたことによりオホーツク文化は変容しました。オホーツク土器も擦文土器との中間的な特徴をもつものに変化して、トビニタイ土器と呼ばれる土器が作られるようになりました。

 

オホーツク土器

 オホーツク土器は文様と器形から新旧に分けられています。時期の分け方はいくつかの説がありますが、ここでは刻文期・沈線文期・貼付文期の3段階に分ける説にしたがって紹介します。これは中心となる文様によって時期名称を付けたものです。

 オホーツク文化の遺跡は海岸部でのみ見つかっています。北見市内では海岸部の常呂地域で、7~8世紀頃の沈線文期から資料が増え始め、貼付文期には多数の遺跡が残されるようになりました。刻文期の資料はあまり見つかっていません。

 

オホーツク土器(沈線文)

オホーツク土器

■ 栄浦第二遺跡・49号竪穴住居跡出土 ■ 高さ:約34cm

■ 7~8世紀頃

 沈線文期のものと考えられる土器。沈線文(ちんせんもん)とは棒状の工具の先端で粘土に線を引いた文様です。

 


オホーツク土器(クマの足跡文)

オホーツク土器

■ 栄浦第二遺跡出土 ■ 高さ:約27cm

■ 7~8世紀頃

 土器の縁の部分に刻みがあり、その下にクマの足跡形の型押文が1周している土器。

オホーツク土器

 


オホーツク土器(貼付文)

オホーツク土器

■ 栄浦第二遺跡・25号竪穴住居跡出土 ■ 高さ:約38cm

■ 8~9世紀頃

 貼付文(はりつけもん)は粘土紐を貼り付けて装飾した文様です。この土器では通常の粘土紐の文様に加えて、飛んでいる水鳥を後ろから見たような形の装飾も付けられています。

 


オホーツク土器(貼付文)

オホーツク土器

■ 常呂川河口遺跡・15号竪穴住居跡出土 ■ 高さ:約44cm

■ 8~9世紀頃

 常呂川河口遺跡の15号竪穴住居跡は建物が火災で焼けた住居で、オホーツク文化の土器がまとまって発見されました。ここからいくつかはこの住居跡で発見された土器を紹介します。この土器はその中でも特大の大きさになる土器です。

 


オホーツク土器(貼付文)

オホーツク土器

■ 常呂川河口遺跡・15号竪穴住居跡出土 ■ 高さ:約23cm

■ 8~9世紀頃

 常呂川河口遺跡・15号竪穴住居跡のオホーツク土器の中では中くらいの大きさの土器。本来は黒っぽい色の土器ですが、火災で焼けたことにより赤っぽい色に変色しています。

 


オホーツク土器(貼付文)

オホーツク土器

■ 常呂川河口遺跡・15号竪穴住居跡出土 ■ 高さ:約17cm

■ 8~9世紀頃

 常呂川河口遺跡・15号竪穴住居跡のオホーツク土器の中では小型の土器です。

 


オホーツク土器(貼付文)

オホーツク土器

■ 常呂川河口遺跡・15号竪穴住居跡出土 ■ 高さ:約15cm(残存部)

■ 8~9世紀頃

 常呂川河口遺跡・15号竪穴住居跡のオホーツク土器の中では小型の土器です。口の部分に破損した出っ張りが2か所ありますが、もとは取っ手が付いていたものと考えられます。

 


オホーツク土器(貼付文)

オホーツク土器

■ 常呂川河口遺跡・16号竪穴住居跡出土 ■ 高さ:約16cm

■ 8~9世紀頃

 胴部がそろばん玉状の形態をした土器。貼付文の部分には土器の使用時についた焦げなどの炭化物が多量についています。

 

トビニタイ土器

 トビニタイ土器はオホーツク土器と擦文土器の中間の特徴をもつ土器です。名前は羅臼町トビニタイ遺跡から取られています。この土器をもつ文化は網走川と釧路川を結ぶ線より東側を中心に分布していますが、その西はずれにあたる北見市内でも資料が見つかっています。

 トビニタイ土器は器形が擦文文化の甕形土器のもので、文様にオホーツク土器の貼付文を使ったものが基本的なかたちとなっています。大きくI群・II群・III群の3つに分類されており、II群が古く、I群・III群が新しいという変遷が知られています。

 

トビニタイII群土器

トビニタイ土器

■ 常呂川河口遺跡・137号竪穴住居跡出土 ■ 高さ:約20cm

■ 10世紀頃

 トビニタイII群土器はトビニタイ土器の中では古いグループとされるものです。文様は断面四角形の粘土紐を使った貼付文で、直線形のものと波形のもので組になり、密接する形で配置されているのが特徴の1つです。この土器は底部が整った平面になっておらず、安定して置けない形になっています。

 


トビニタイIII群土器

トビニタイ土器

■ 常呂川河口遺跡・168号竪穴住居跡出土 ■ 高さ:約10cm

■ 11世紀頃

 トビニタイIII群土器はトビニタイ土器の中では新しいグループとされるものです。もともとはI群とII群の中間的な特徴をもつものとされたものです。刻みのある貼付文が多く使われ、II群のように貼付文が密接する形とはなっていません。

 この小型土器では刻み目を付けた貼付文で三角形の文様が描かれています。

 


トビニタイIII群土器

トビニタイ土器

■ 常呂川河口遺跡・168号竪穴住居跡出土 ■ 高さ:約31cm

■ 11世紀頃

 上の土器と同じ住居跡から発見された大型土器です。こちらは波の目の小さい貼付文を多用して文様が描かれています。

 


トビニタイI群土器

トビニタイ土器

■ 常呂川河口遺跡・101号竪穴住居跡出土 ■ 高さ:約32cm

■ 11世紀頃

 トビニタイI群土器は口縁部に擬縄貼付文(貼付文に刻み目を付けたものや、上下交互に押し付けて細かい波形にしたもの)が付けられ、胴部を中心に沈線文が刻まれた土器とされています。

 この土器は沈線文の文様の形や配置から見るとトビニタイI群土器に近いものですが、貼付文が使われていないなどの相違点もあります。ここではトビニタイI群土器としてご紹介していますが、研究者によって評価の分かれる土器です。

 

 

お問い合わせ

北見市教育委員会社会教育部
ところ遺跡の森

〒093-0216
北海道北見市常呂町字栄浦371番地
電話:0152-54-3393
FAX:0152-54-3538