遺跡の森・野鳥アルバム~夏鳥(1)

2020年6月23日

 ところ遺跡の森には数多くの野鳥が訪れます。このページでは遺跡の森に現れる野鳥の鳴き声と写真を紹介しています。鳴き声を覚えておいて、野鳥を知る手がかりにしましょう。

 (※このページの写真は市民の方にご協力いただきました。記して感謝いたします。)

 鳥の鳴き声には大きく分けて「さえずり」と「地鳴き」があります。「さえずり」は繁殖期の雄が発する鳴き声で、雌を呼んだりなわばりを主張したりするためのものです。それ以外の通常の鳴き声を「地鳴き」といいます。

 

野鳥の鳴き声~夏鳥(1)

 遺跡の森に夏訪れる鳥のうち、鳴き声が多く聞ける鳥を紹介します。木の葉が生い茂ると姿を見つけるのは難しくなってきますが、夏にはあちこちで鳴いている声を聞くことができるものです。

センダイムシクイ(スズメ目ウグイス科)

センダイムシクイ

 遺跡の森で多く見られる鳥の1つ。基本は「チヨチヨビ~」という鳴き声ですが、「ビ~」の前の部分は音が多くなるパターンもあるようです。鳴き声を覚えておくと遺跡の森のあちこちで鳴いているのが分かります。

◆さえずり

◆さえずり

キビタキ(スズメ目ヒタキ科)

キビタキ

 低めの枝で鳴いていることも多く、比較的姿を見つけやすい鳥です。甲高い音から低くうなるような音まで、様々な声を出して鳴き、鳥によってさえずり方が変化に富んでいるようです。「さえずり3」は5月前半に録音されたもので、まださえずりを練習しているところかもしれません。

◆地鳴き

◆さえずり1

◆さえずり2

◆さえずり3

アオジ(スズメ目ホオジロ科)

アオジ

 こちらもあちこちで鳴き声を聞くことができる鳥です。が、高い木の枝にいることが多く、背中が茶色、お腹が黄緑という色合いのため姿は少し見つけにくいです。個体によってさえずりのテンポに違いがあるようです。

◆さえずり

◆さえずり

ヤブサメ(スズメ目ウグイス科)

ヤブサメ

 姿はあまり見られませんが、「ツツツツツツ」と、徐々に大きくなる独特の鳴き声を響かせていることから存在が分かります。鳴き声だけ聞くと虫の声だと思うかもしれません。

◆さえずり

 

 

お問い合わせ

北見市教育委員会社会教育部
ところ遺跡の森

〒093-0216
北海道北見市常呂町字栄浦371番地
電話:0152-54-3393
FAX:0152-54-3538