観光ガイド

2015年7月14日

観光ガイド

さわやかな香りと光そよぐ街 北見
北緯43度 北海道の東に位置するオホーツク圏の産業・文化の中核都市

 

北見の観光について、季節ごとにご案内します。

春 北見フラワーパラダイス 北国の長い冬が終わり、市内各所で様々な施設がオープンします。

北見ファミリーランドが4月下旬に開園いたします。当園は、人気の「ファイヤーバード」や「クレイジーマウス」を はじめ網走管内最大の遊具施設を有し、また、併設のトリム公園にはアスレチックやジャンボすべり台などもあり、子供達の歓声がこだまします。 また、ゴールデンウィークには、オープンイベントとして様々な催しが行われます。
 28haにおよぶ広大な山一面に約3万本の木花が植えられたパノラマ花園である北見フラワーパラダイス(左上写真)は、4月下旬のオープンとともにツツジ・サクラが咲き始め、ボタン・バラなど10月まで楽しむことができます。
 その他、市内各所では5月にエゾムラサキツツジが咲き乱れます。中でもツツジ公園(左下写真)は、約4000本のエゾムラサキツツジと白ツツジが楽しめるほか、市民の憩いの場散歩道としても親しまれております。
春 ツツジ公園

夏 北見市富里湖森林公園 夏は、スポーツ合宿でやって来る大学・社会人のチームや多くの観光客で市内が賑います。

 北見市で最も高い山であります仁頃山(標高829m)の麓に広がる富里湖と豊かな緑に囲まれ、恵まれた自然条件を生かした 北見市富里湖森林公園(左上写真)は、カラマツ材を利用したバンガロー・キャンプ場・ハイキング・釣りなど北見市のアウトドアを楽しむための 一大ネイチャーゾーンです。その他、トドマツ・エゾマツなどの天然林の新緑を自由に散策できる林間歩道が約3,100m続いており、森林浴などが楽しめます。
7月下旬には北見三大まつりの1つ「ぼんちまつり」左下写真)が北見市小公園及び市内中心部において開催されます。 中心商店街で素人縁日が行われ、舞踊パレード・とん田大綱引き・市民の夕べ等が行われます。そして、最後日には最後を飾る納涼花火大会も行われます。
夏 ぼんちまつり

 

秋 「北見菊まつり」菊花展 秋になると道東にも紅葉の季節がやってきます。

 北見市富里湖森林公園は北見市で最も高い仁頃山の麓に位置し、ナラ・エゾマツ・トドマツなどの天然林を自由に散策できる林間歩道が約 3,100m続いており、秋の森林浴などが楽しめます。他に、花月町の河西ボタン園や若松にあるフラワーパラダイスでも紅葉を楽しむことができます。

 10月15日〜11月上旬までの約20日間、全道一の伝統と規模を誇る「北見菊まつり」が、北見駅南多目的広場(芸術文化ホール前)で開催されます。 大河ドラマをテーマとした菊人形展をはじめ、菊花展(左写真)・菊花コンクール展など約1万3千点もの作品が出品される予定です。 なお、菊花コンクール展は10月25日から最終日までの期間の開催となります。その他にも網走管内のアートフラワーを集めた オホーツク圏総合フラワー展をはじめ、きたみ物産まつりやきのこ展等が開催され、菊まつりに彩りを添えます。
秋 「北見菊まつり」菊人形展

冬 厳寒の焼き肉まつり 北見の厳しい冬は、イベントやウインタースポーツでお楽しみください。

北見市郊外にある若松市民スキー場は、初心者から上級者まで楽しむことができるA・B・Cの3コースがありますので、ご家族そろってお越しください。 また、モイワスポーツワールドでは雪上パークゴルフも行えます。その他、河西カーリングホールでのカーリングや 富里湖のわかさぎ釣りなど市内各所において様々なスポーツレジャーが楽しめます。
 次に、毎年2月上旬に「厳寒の焼き肉まつり」(左上写真)が北見駅南多目的広場(芸術文化ホール前)を会場に開催されます。厳しい寒さの中で北見名物の焼肉を楽しんでみてはいかがでしょうか。防寒着を着込んでお越しください。
 また、同時期には「北見冬まつり」(左下写真)が北見駅南多目的広場(芸術文化ホール前)において行われます。 市民参加による雪像や北海道氷彫刻展冬季北見大会の氷像が立ち並び、来場者の目を楽しませてくれます。また、雪合戦大会やその他各種イベントもたくさん企画されています。
冬 北見冬まつり

お問い合わせ

観光振興室 観光振興課
電話:0157-25-1244