北見市まちづくり基本条例

2017年3月28日

まちづくり基本条例

まちづくり基本条例とは、これから北見市のまちづくりを進めていく上で基本となる考え方(基本理念)や「誰がどのような役割を担い」「どのような方法で決めて実践していくのか」などといった仕組みやルールを定めるものです。
自治体の最高規範として位置づけられるため「自治体の憲法」とも言われています。

なぜ、「まちづくり基本条例」が必要なの?

地方分権が進む中、地方自治体は、自らの意思と責任によるまちづくりが求められており、主体的に魅力あるまちづくりを進める必要があります。
また、北見市が一体感をもって発展していくためには、市民、議会、市長等がそれぞれの役割や責務を果たすことが大切です。
そのための基本理念や基本原則、みんなの共通したルールを整備することが必要になり、平成22年12月16日に市議会において「まちづくり基本条例」が可決・成立し、平成22年12月21日より施行しました


北見市まちづくり基本条例

北見市まちづくり基本条例(条文解説)

北見市まちづくり基本条例(パンフレット)

お問い合わせ

企画政策課/行評・行革/総合計画
電話:0157-25-1103