油流出事故について

2016年7月22日

 下水道管に流してはいけない物に油がありますが、最近の流出事故を見ますと、灯油、軽油、エンジンオイル、塗料など様々な流出事故が発生しています。
 その中で、家庭用のホームタンクからの事故も多いため、市民のみなさまには、特に古くなったホームタンクや配管を給油業者に点検してもらうことをお勧めします。

雨水管に流入した場合

 雨水管は、雨水を河川などへ放流するために布設されたものです。
 
 油が雨水管へ流入しますと河川などへ放流され環境に様々な影響を及ぼすこととなります。
 また、水質汚濁防止法が適用され、罰則も設けられており厳しく規制されています。

 油の回収には、多数の人員を確保し各種機材の調達を行い処理しなければならないことから、回収にかかった費用については、油を流出させた原因者が負担していただくこととなります。

 くれぐれも油など有害物質の流出には、注意をお願いいたします。 

汚水管に流入した場合

 汚水管は、汚水を浄化センターで処理するために布設されたものです。
 浄化センターでは、標準活性汚泥法という微生物によって汚水を浄化し河川等に放流しています。

 有害物質が流入しますと微生物が死滅し汚水を処理できなくなり、汚れた水が河川に流出する事になります。
河川に流出した油の回収 洗浄・回収作業
河川に流出した油の回収 洗浄・回収作業
雨水ますへの流入
雨水ますへの流入1 雨水ますへの流入2
油の回収状況
油の回収状況 油の回収状況2

お問い合わせ

上下水道局下水道課
電話:0157-25-1160
ファクシミリ:0157-31-3591