北見市:ごみの出し方(事業者用)廃棄物の区分と種類

2016年4月1日

 

 

■ 廃棄物の区分と種類

 事業者から排出される廃棄物は「事業系一般廃棄物」か「産業廃棄物」となります。北見市廃棄物処理場では、「事業系一般廃棄物」及び「資源ごみ」について、有料で受け入れていますが、「産業廃棄物」は、処理業者に委託していただくことになります。

 

   

 一般家庭の日常生活に伴って生じた廃棄物

 

事業活動に伴って生じた廃棄物で産業廃棄物以外の物

事業活動に伴って生じる廃棄物(廃プラスチック類《発泡スチロールなど》、金属くずなど)で法律、政令で定める20種類と輸入された物

 

● 自己処理責任

【廃棄物の処理及び清掃に関する法律】(抜粋)

 

事業者の責務

 

第3条…

事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない。

 

● 事業系一般廃棄物の種類

 事業系一般廃棄物とは、事業活動に伴って生じる廃棄物で、産業廃棄物以外の物です。

 事業者の皆様は、まず、排出されるごみが産業廃棄物かどうかを確認して下さい。

 

● 産業廃棄物の種類

 産業廃棄物とは、事業活動に伴って生じる廃棄物で、法律・政令で定める以下の20種類の物、および輸入された廃棄物です。

 北見市では平成13年4月から、産業廃棄物は受け入れ処理することが出来なくなりました。産業廃棄物処理業者にお問い合わせのうえ、適正な処理をお願いいたします。

燃え殻

石炭がら、焼却残灰などの焼却残さ

 

汚泥

廃水処理および製造工程などから生ずる泥状のもの

 

廃油

鉱物性油、動植物油脂に係るすべての廃油

 

廃酸

酸性の廃液

 

廃アルカリ

アルカリ性の廃液

 

廃プラスチック類

廃タイヤ、廃プラスチック容器、廃塗料など(廃塗料、廃接着剤などで油分を含むものは、廃プラスチック類と廃油の混合物)

 

紙くず

建設業に係るもの、パルプ製造業、紙製造業、紙加工品製造業、新聞業、出版業、製本業及び印刷物加工業から生ずる紙くず

排出事業所限定

木くず

建設業に係るもの、木材または木製品製造業、家具製造業、パルプ製造業、輸入木材卸売業から生ずる木材片、おがくず、バーク類など

排出事業所限定

繊維くず

建設業に係るもの、繊維製品製造業以外の繊維工業から生ずる木綿、羊毛などの天然繊維くず

排出事業所限定

動植物性残さ

食品製造業、飼料製造業、医薬品製造業、香料製造業から生ずる動植物性の固形状不要物

排出事業所限定

動物系固形不要物

食肉処理場においてと殺し、又解体した牛・馬・豚・羊・鶏等に係わる固形状の不要物

排出事業所限定

ゴムくず

天然ゴムのくず(合成ゴムは廃プラスチック類)

 

金属くず

鉄鋼、非鉄金属の研磨くず、切削くず

 

ガラス・陶磁器くず

ガラスくず、耐火れんがくず、陶磁器くずなど

 

鉱さい

高炉などの残さい、不良鉱石、不良石炭など

 

がれき類

工作物の除去に伴って生じたアスファルト、コンクリート、レンガの破片とその他これに類する不要物

 

動物のふん尿

畜産農業から排出される牛、馬、豚、めん羊、にわとりなどのふん尿

排出事業所限定

動物の死体

畜産農業から排出される牛、馬、豚、めん羊、にわとりなどの死体

排出事業所限定

ばいじん類

焼却施設において発生するばいじんであって、集じん施設によって集められたもの

 

その他

産業廃棄物を処分するために処理したもの

 

以上20種類の廃棄物と、輸入された廃棄物が産業廃棄物です。

 

お問い合わせ

端野総合支所市民環境課
環境衛生係
電話:0157-56-2116