カーリングのルール

2011年4月19日

カーリングのルール

 

カーリングとは  
カーリングは、氷の上で石(ストーン)を滑らせハウスと呼ばれる円の中心に最も近い場所を確保し、チームの得点を数えるウインタースポーツです。
スコットランドが発祥の地といわれており、欧米とくにカナダで人気が高い。
高度な戦略とテクニックが必要なことから、「氷上のチェス」ともいわれています。
carling
carling2 1チーム4人(リード・セカンド・サード・スキップ)で試合を行ないます。このほか、補欠選手(リザーブ)が1人登録できます。
1人2投づつストーンを投げます。相手チームと交互投げ、あわせて16投、投げることになります。
16投を投げて1エンド。これを10回(10エンド)行い1試合となります。
試合時間は約2時間30分です。
 
    
 
なげる カーリングシート
投げ出すときハックから滑り出し、ホッグラインまでのあいだにストーンから手を放さなければ失格となります。逆にホッグラインを超えないストーンは失格となり、はずされます。
また、投げたストーンがバックラインを超えると失格になります。
ホッグラインからバックラインまでのあいだに、ストーンを投げることになります。
torak
スイーピングする
自分のチームのストーンはどこでもスイーピングすることができます。
相手チームのストーンは、ティーラインにかかったとき、または超えたストーンのみハウスに立っている人だけがスイーピングすることができます。
なげるじゅんばん
投げる順番はリード、セカンド、サード、スキップの順序で相手チームと交互に1投づつ投げます。
リードが投げるときはセカンドとサードがスイーピングします。
セカンドが投げるときはリードとサード、サードが投げるときはリードとセカンドがそれぞれスイーピングします。
スキップはハウスで指示を出すため一番最後に投げます。
また、スキップが投げるときはサードがスキップの代わりにハウスで指示を出します。
せんこうこうこう
「ジャンケン」または「コイントス」で、勝ったほうが試合の先攻・後攻かストーンの色を決めることができます。
2エンド目からは、前のエンドで点を取ったチームが先行になります。
前のエンドが「0−0」の場合は、そのエンドと同じになります。
とくてん
得点は、ハウスの中心にどちらのチームのストーンが最も近く入っているかで、そのエンドの勝ち負けが決まります。
【得点例1】 【得点例2】
tokuten1 tokuten2
この場合、黄色のストーンが中心に一番近いため黄色のチームが勝ちとなります。
負けとなる赤いストーンの中心に一番近いストーンより内側に入っている黄色のストーンはひとつのため、黄色チームの得点は1点となります。
この場合、赤色のストーンが中心に一番近いため、赤色のチームが勝ちとなります。
負けとなる黄色いストーンより内側に入っている赤いストーンは2つのため、赤色チームの得点は2点となります。


 

カーリングのようぐ
【ストーン】
カーリングのストーンは花崗岩でできています。直径30センチメートル、重さは約20キロです。
storn
【ブラシ】
ブラシは動物の毛や化学繊維でできています。最近では、氷の状態に合わせて、ヘッドの部分を取り替えられるものもあります。
 
【シューズ】
カーリング用のシューズは、片方が滑りやすい素材・スライダーがついており、片方は普通の靴と同じゴム製でできています。投げるとき以外はスライダーの上にカバーをつけ、滑りにくくしています。
 

 

カーリングの歴史 カーリングのルール

 



関連ワード

お問い合わせ

常呂教育事務所 生涯学習課
社会体育担当
電話:0152-54-2191
ファクシミリ:0152-54-3888