ところ遺跡の森:自然案内

2015年12月26日

ところ遺跡の森の動植物

 「ところ遺跡の森」周辺には豊かな自然林が残されており、野生の動植物の宝庫となっています。
 野草観察やバードウォッチングの場所としてもおすすめのスポットです。
 ここでは遺跡の森で実際に見られる動植物の一部を写真でご紹介します。

 

遺跡の森の植物

 遺跡の森では、26種の樹木、200種の野草の存在が確認されており、近年では生息地が減少しつつある希少な野草も見られます。
 ※下に示した開花時期は目安です。その年の気象条件により前後することがあります。

春の花

 雪どけの後から5月頃までは多くの野草が花を咲かせる季節です。
 木々に葉が茂って森の中が暗くなる前の時期をねらって咲く花が多く、森の中をにぎわわせます。

キタミフクジュソウ

キタミフクジュソウ(4月頃開花)

アズマイチゲ

アズマイチゲ(4月頃開花)

エゾエンゴサク

エゾエンゴサク(4月後半頃開花)

ミヤマスミレ

ミヤマスミレ(4月後半頃開花)

エゾノウワミズザクラ

エゾノウワミズザクラ(5月頃開花)

アイヌタチツボスミレ

アイヌタチツボスミレ(5月頃開花)

オオバナノエンレイソウ

オオバナノエンレイソウ(5月頃開花)

エゾネコノメソウ

エゾネコノメソウ(5月頃開花)

 

夏の花

クリンソウ

クリンソウ(6月頃開花)

オオウバユリ

オオウバユリ(7月頃開花)

クルマユリ

クルマユリ(7月頃開花)

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン(8月頃開花)

 

遺跡の森の動物

遺跡の森に飛来する野鳥

 遺跡の森内には、渡り鳥、旅鳥を含め数多くの野鳥が飛来します。様々な鳥のさえずりを耳にすることができるほか、注意して探せばその姿を眺めることもできます。

ゴジュウカラ

ゴジュウカラ  一年中見られる。

ヤマガラ

ヤマガラ  一年中見られる。

アカゲラ

アカゲラ  キツツキの仲間で、一年中見られる。

コゲラ

コゲラ  キツツキの仲間で、一年中見られる。

キビタキ

キビタキ  夏に見られる鳥。

キレンジャク

キレンジャク  冬に見られる鳥。

 

遺跡の森で見られる野生動物

 運がよければエゾシマリスやキタキツネなどの野生動物の姿を見かけることもあります。
 (近づくとあっという間に逃げてしまいます。離れてそっと見守りましょう。)

エゾシマリス

エゾシマリス

キタキツネ

キタキツネ

 

お問い合わせ

北見市教育委員会社会教育部
ところ遺跡の森

〒093-0216
北海道北見市常呂町字栄浦371番地
電話:0152-54-3393
FAX:0152-54-3538